20日、英BBC中国語版ウェブサイトは、「中国メディアは一貫して蔡英文氏の国際的な影響力に圧力をかけている」と伝えた。写真は就任式の様子。台湾総統府公式サイトより。

写真拡大

2016年5月20日、英BBC中国語版ウェブサイトは、台湾で8年ぶりに政権を獲得した民進党の蔡英文(ツァイ・インウェン)氏の総統就任式が行われたことと関連して、「政権交代が決まってからこれまで、中国メディアは一貫して蔡氏の国際的な影響力に圧力をかけている」と伝えた。

記事は、蔡英文氏が今年1月の選挙に勝利してから、中国国営メディアは絶えず「92年コンセンサス」を認めるよう迫ってきたと指摘する。

3月に中国とガンビアが国交を回復した際にも、メディアは「台湾派中国の不可分の領土だ」というガンビア外相の言葉を強調して伝えた。4月には、ケニアで振り込め詐欺を行っていた台湾人が中国に送致されたことについて、中国メディアは「中国から来たから中国に帰した」というケニア側の姿勢を称賛した。同じく4月にベルギーで行われた経済協力開発機構(OECD)鉄鋼委員会では、中国代表団が台湾代表団の退場を求め、議長を務めるベルギー副首相がこれを認めたことも物議を醸した。

中国共産党系の環球時報は同日の社説で「蔡英文が『92年コンセンサス』や『一つの中国』を公に認めないのは彼女の本音だと広く認識されている」「蔡英文は台湾海峡の問題を不確定な時期に持って行く」などと伝えている。(翻訳・編集/北田)