涼しげで美しい見た目に仕上げた「彩り野菜の美肌テリーヌ」(税抜800円)。酸味のあるトマトソースと、爽やかなバジルソースがアクセント

写真拡大

5月20日(金)、世界のクラフトビールを提供するレストラン「クラフトビールタップ」の新店舗が、東京・銀座の商業施設、銀座マロニエゲートにオープンした。

【写真を見る】「コラーゲンたっぷり!温野菜のタジン鍋」(税抜1500円)。アイスバインの煮込み汁から作るコラーゲンボールが付いている

「クラフトビールタップ」は、ビールとワインの輸入販売を手がける、ワールドリカーインポーターズが営むビアレストラン。これまでに新宿三丁目店とヨドバシAkiba店を展開しており、海外から厳選輸入した樽生ビールや、ビールと相性の良い料理が好評を博している。

銀座マロニエゲート店では、同社が独占輸入した樽生ビールを15種類以上用意。日本初上陸の樽生ビール3種類も、数量限定で販売する。その中の1つ、「28 ホワイトオーク IPA」(Sサイズ税抜1050円、Mサイズ税抜1250円)は、シトラスやパッションフルーツの香りを持つ、乳白色のIPA。ビールの苦味が苦手な人でも飲みやすい、フルーティーで爽やかな味わいが特長だ。

銀座という土地柄に合わせ、女性に向けた同店限定のメニューも多数取り揃える。ドイツ料理の定番“アイスバイン”の煮込み汁を使って作る「彩り野菜の美肌テリーヌ」(税抜800円)は、姫人参やヤングコーン、ビーツなどが詰め込まれた色鮮やかなゼリー寄せ。トマトとバジル、2種類のソースをあしらっている。

「コラーゲンたっぷり!温野菜のタジン鍋」(税抜1500円)も、美肌効果が期待できるオリジナル料理。こちらは別添えでコラーゲンボールが付いており、鍋に入れて温めてからいただく。鍋の具材には、一緒に摂取することでコラーゲンの吸収率を高めてくれる、亜鉛やビタミンCを多く含む食材を使用。ガーリックを効かせたマヨネーズ風味のソース、アイオリソースが添えられている。

ボリューム満点の肉料理「バックリブのスパイシーロースト フライドポテト添え」(ハーフ税抜1980円、ホール税抜3800円)も見逃せない。豚の背中肉を骨付きで丸ごと焼き上げ、スパイシーに味付けした一皿だ。スパイスの配合は秘密とのことだが、10種類以上を独自にブレンドしているそう。刺激的なだけではない、奥行きのある辛さが後を引き、ビールがゴクゴクと進むこと間違いなし!

なお、これらの銀座マロニエ店限定メニューの販売は6月までとなっているので、気になる人はお早めに。ビール好き女子の心をくすぐる、おいしくてきれいになれるビアレストランへ、ぜひ足を運んでみてほしい。【東京ウォーカー】