<関西オープン 2日目◇20日◇橋本カントリークラブ(7,127ヤード・パー71)>
 2日目を迎えた国内男子ツアー「関西オープン」2日目。多くの選手がスコアを落とす中、5位タイからスタートしたスコット・ストレンジ(オーストラリア)が6アンダーの猛チャージ。トータル9アンダーと独走態勢に入った。
【関連】豪快なショットを放つアマチュアの三田真弘
 続く5アンダーの2位には朴ジュンウォン(韓国)。4アンダー3位タイには薗田峻輔と川村昌弘が、続く3アンダーグループにはスコアを1つ伸ばした宮里優作、手嶋多一、近藤 共弘らがつけている。
 昨年覇者の片岡大育は2つ落とし2アンダー11位タイ。初日に好発進を見えた注目のアマチュア・三田真弘は出だしの4連続ボギーが響き、イーブンパーの16位タイと順位を落としている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>