なにこれかわいい! 最中の皮たち

写真拡大

最中(もなか)の皮に、こんなにバリエーションがあったなんて......!

通信販売のフェリシモが、創造明治10年の老舗食品会社「加賀種食品工業株式会社」ことラボレーションして、最中の皮だけを、毎月9種、1年にわたって届ける「四季折々のお楽しみ 皮だけ最中の『最中種』」の発売を、2016年5月18日に開始しました。

スイーツに? お寿司に?

「最中種」とは、上質のもち米を100%使って焼き上げた最中の皮のこと。サクサクの軽さと香ばしさが特徴で、そのまま食べても美味しいほどです。

加賀種食品工業は最中の皮の型をなんと1000種以上も持っていて、四季折々、さまざまなバージョンがあるとのこと。今回、フェリシモのプランナーがその中から、招き猫、魚、お城、お花、ひょうたん、獅子舞、貝といったデザイン108種を厳選しました。

9種の最中種は各2枚1組で届けられます。おぜんざいにトッピングしたり、はたまた酢飯と具材を乗せてお寿司にしてみたり、アイスをカスタマイズしたり......その使い方はいろいろ。プランナーいち押しの楽しむヒントもついているので、こちらも参考に楽しみましょう。

月1セットで864円、12回予約です。お届けは2016年6月中旬以降からになりますのでご注意を。詳細は公式サイトへ。