幼き男子が麗しき青年に成長する姿をギュギュッと2分に凝縮! 8年半セルフィーを続けた男性の記録動画

写真拡大

カナダの都市モントリオールで暮らす20歳の大学生、ヒューゴ・コーネリアー(Hugo Cornellier)さんは、毎日自撮りをする「セルフィープロジェクト」を12歳のときにスタート。

その約8年半にもおよぶ軌跡を2分でたどることができる映像を、YouTubeにある自身のチャンネルで公開。2,500以上もある(!)写真を1枚1枚リタッチして完成させたこちらの作品は、再生回数120万回を超える人気動画となっています。

【少年から青年へ】

自撮りするときに顔の表情をつけず、なるべく均一になるようにすると共に、顔の輪郭や目の位置をきちんと合わせて調整しているからでしょう。 動画を見てみると、時間の経過とともに顔つきが少しずつ変わっていくその過程が、一目でわかる!

思春期の少年が青年になるまで、その成長ぶりを一気に観ることができる動画は、見ごたえ十分。あどけない表情がどんどん大人びていくところには、感動すら覚えてしまいます。

【髪型やヒゲでずいぶん印象が変わる!】

それだけでなく、髪型が次々変わったり、ヒゲを生やしたり剃ったりと、彼の成長に伴うビジュアルの変化も楽しめる点が、この作品の面白いところ。

12歳から20歳になるまでの間、顔の造形はほぼ変わりありませんが、髪型が変わったりヒゲがあるだけで、ここまでイメージが変わるのか。昨日まで大人っぽかったのに、ヒゲがなくなったら一気に幼くなっちゃうし、ビフォーアフターの落差にビックリ。

女性ほどではないにしろ、男性も変わろうと思えば変われる。そのことを実感させてくれる作品でもあります。

【「セルフィープロジェクト」は今も継続中です♪】

鑑賞の際には、YouTubeの再生速度を遅くするなど、時折速さを調整して観るとさらに楽しめるので、お試しあれ。

なお、コーネリアーさんは今もなお「セルフィープロジェクト」を実行し続けているんですって。20歳だけに、まだまだ変化がありそう! 今後彼の顔つきがどのように変わってゆくのか、非常に気になるところですっ。

参照元:YouTube / Hugo Cornellier
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る