19日、中国版ツイッター・微博で、中国のにせ僧侶が日本で荒稼ぎしていると伝える投稿があった。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年5月19日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、中国のにせ僧侶が日本で荒稼ぎしていると伝える投稿があった。

投稿者は、最近日本のテレビ番組で、僧侶になりすました人が東京などで主に外国人を相手にお金を要求するケースが増えていると伝えられたことを紹介。日本の僧侶は自分から金銭を要求することはなく、金銭を要求するにせ僧侶のほとんどが中国人だと伝えた。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「本当に恥ずかしいことだ」
「恥を外国にさらしているな」
「中国の僧侶が一番の恥知らず」

「どうして多くの国が中国人を排斥するかよく分かった」
「国内でもだれも管理しないうえに、外国にまで行って稼ぐとは、恥をさらしているな」

「捕まえて好きなように処置してくれ。でも中国には返さなくて結構」
「こういう人は発見次第すぐに逮捕し中国に戻すべき。そしてブラックリストに入れて二度と国外へ行けないようにすべき」

「日本ビザを取るのは難しいのに、にせ僧侶はどうやって日本に行ったんだ?ビザ免除の台湾人がやっているんじゃないか?」
「河南人と福建人がやっているに違いない」

「こうやって日本を滅ぼそうとしている愛国者なんだよ」
「金のためなら道徳の最低ラインもない。これが中国人の最も危険なところ」(翻訳・編集/山中)