空間知覚をハックして、狭い室内を無限にまっすぐ歩き続ける「無限回廊」VR

写真拡大

ヘッドセットを身につけ体験するヴァーチャルリアリティ(VR)が「動かずに広い世界を体験できる」のに対して、研究者たちがつくり出したのは「無限の世界を動き回れる」VRだった。東京大学廣瀬・谷川・鳴海研究室の成果、「無限回廊」の体験レポート。

「空間知覚をハックして、狭い室内を無限にまっすぐ歩き続ける「無限回廊」VR」の写真・リンク付きの記事はこちら

目的の場所に向かって真っすぐに歩いているつもりなのに、実際は同じ場所をぐるぐると回っている──。まるで狐狸に化かされて山林で迷子になる人のようだが、同様に、実際は狭い室内で同じ場所をぐるぐる回っているだけなのに、どこまでも無限にまっすぐ歩き続けているように感じる体験を気軽にできる技術を、東京大学とユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの研究チームが開発した。

ヴァーチャルリアリティ(VR)ヘッドセットを被り、実際に歩いて体験してみた。視界には、ヘッドセットを介してCGでつくられた世界が広がる。VR空間の中では、自分があたかも高いビルの壁面に沿って足場の上を歩いているような気分になった。

VR映像で表示される壁は、現実にも存在している。手で現実の壁に触れながら、VR映像に従ってまっすぐ歩いて行った。しばらくまっすぐ歩き続け、ヘッドセットを外すと、まっすぐだと思っていた壁面は実は曲面で、大きな円の円周上を歩いていただけだったと気が付いた。

160520vr_02

実際は円形の壁に沿って曲がって歩いているが、あたかもまっすぐ歩き続けているように感じる。ヘッドセットに付いている角のような棒は、体験者の位置をカメラで追跡するためのマーカー。PHOTOGRAPH BY KATSUE NAGAKURA

仕組みはこうだ。半径2.5mの円周上に壁が立ててあり、その壁に沿ってヘッドセットを付けて歩く。周囲には12台のカメラがあり、歩いている人の位置を測定し、ヘッドセットに表示する映像をリアルタイムで補正している。このときに、VR映像を本人が気付かない程度に回転させる。

ヘッドセットに表示する映像を補正することで、実際には曲がって歩いているのにあたかもまっすぐ歩いているかのように感じさせる技術は、これまでも「リダイレクテッド・ウォーキング」として研究されていた。ただ、そのように感じるためには半径22m以上の円周上を歩く必要があり、体験には50m四方の広い部屋が必要だった。

一方、今回研究チームは、ヘッドセットで表示するVR映像に加えて、壁に触れることで、半径2.5mの円周上という狭い空間でも、曲がって歩いているのにまっすぐ歩いているかのように感じるようにした。研究チームのひとりで東京大学大学院講師の鳴海拓志は言う。

「人は、目で見た視覚情報のほか、向きや姿勢といった体性感覚、手で触れるといった皮膚感覚、聴覚のそれぞれの情報を組み合わせて空間を知覚しています。わたしたちのシステムでは、壁に触れながら歩くという触覚を使うことで、体性感覚と皮膚感覚に影響を与えて、より強力に空間知覚を操作しています」

さらに、半径2.5mの円周の真ん中に幅1.2mの通路を設けた。こうすることで三叉路をつくれるので、ただまっすぐ歩くだけでなく「角を曲がる」ことができるようになった。例えばVRゲームで、迷路を実際に歩いて解いていくといった体験もできるようになるというわけだ。

160520vr_03

周囲の歩く通路を含めて7×8mのスペースがあれば、体験できる。PHOTOGRAPH COURTESY OF HIROSE TANIKAWA NARUMI LAB. THE UNIVERSITY OF TOKYO

仕組みの説明を受けてから円形の壁のシステムを見た上で、ヘッドセットを被って体験したが、まっすぐ歩き続けている感じがして、自分が曲がって歩いているとはまったく感じられなかった。たとえ仕組みを知っていたとしても、人の感覚は簡単にだまされる。自分が見て聞いて感じてこうだと信じている世界は、もっと疑ったほうがいいのかもしれない。

このシステムは、7月末に米カリフォルニアで開催される、世界最大のCGの国際学会SIGGRAPHで発表する。また、6月には都内で体験会を開催する予定だ。紹介動画は以下で公開されている。