ドキュメンタリー映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』世界を震撼させたアメリカへの内部告発

写真拡大

[ この記事の画像をもっと見る ]

ドキュメンタリー映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』が、2016年6月11日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショーされる。

2013年、ある内部告発で全世界に衝撃を走らせた“スノーデン事件”。それは、アメリカの二大情報機関であるCIA(中央情報局)、NSA(国家安全保障局)に属した若者が、国家がテロ対策の大義名分のもとに、世界のIT企業のサーバーに直接アクセス、さらに米最大の通信会社から個人情報を“盗む”という、行き過ぎた管理体制の実態を暴露した上、自ら実名で名乗り出るという、かつて類を見ない大事件だった。

本作は、スノーデンの口から語られる米国の恐るべき野望、膨大な証拠資料と共に世界を駆け巡るスクープ、その一部始終を克明に記録したもの。事件の始まりとその真相、母国に戻れなくなった彼の亡命までを追い、この瞬間にも当局に捕まるかもしれないという恐怖を克明に映し出した、世界震撼のドキュメンタリーだ。

インタビューを敢行したローラ・ポートラス監督は、本作で第87回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞。もう1人のジャーナリストであるグレン・グリーンウォルドのガーディアンへの寄稿は、ピューリッツァー賞に輝いている。

アメリカの恐るべき監視体制の実態を白日の下に晒し、最高機密の告発に至る全てを記録した唯一無二の映像を、ぜひ見逃さないで。

■ストーリー
ドキュメンタリー映画作家ローラ・ポイトラスの元に重大な機密情報を持っているとコンタクトしてきた者がいた。コードネームは、CITIZENFOUR。2013年6月、香港でのインタビューに現れたのは当時29歳のNSA職員エドワード・スノーデン。彼の告発とは、米国政府によって一般国民全ての通信は監視されているという衝撃の事実だった。世界を駆け巡った暴露“スノーデン事件”の始まりと真相、スノーデンの亡命までを克明に記録する。

【詳細】
映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』
公開日:2016年6月11日(土)
原題:『CITIZENFOUR』
監督・脚本:ローラ・ポイトラス
エグゼクティブ・プロデューサー:ジェフ・スコール、スティーブン・ソダーバーグ、ダイアン・ワイアーマン
プロデューサー:ローラ・ポイトラス、マチルダ・ボネフォイ
編集:マチルダ・ボネフォイ
製作:ダーク・ウィルツキ―
出演:エドワード・スノーデン(本人)、グレン・グリーンウォルド(ジャーナリスト)、ローラ・ポイトラス
2014年/アメリカ・ドイツ/英語・ポルトガル・ドイツ語/114分/カラー/ビスタ/5.1chデジタル
提供:ギャガ、松竹/配給:ギャガ・プラス
©Praxis Films ©Laura Poitras gaga.ne.jp/citizenfour