『続・深夜食堂』 (C) 2016安倍夜郎・・小学館/映画「続・深夜食堂」製作委員会

写真拡大

2015年1月に公開され、全国80館スタートと中規模公開にも関わらず、最終興収2.5億円のヒットとなった『深夜食堂』。この映画の続編となる『続・深夜食堂』が食欲の秋まっただ中の11月5日に公開されることと、ドラマ新シリーズが10月21日よりNetflixで配信されることが同時に発表された。

『深夜食堂』が台湾でもヒット。「深夜食堂にいる気持ちになれる」と大手メディアも絶賛!

本作は、路地裏にひっそりと佇む小さな“めしや”を舞台に、小林薫演じるマスターを中心に繰り広げられる人間模様を描いた作品。2009年10月よりドラマ第1弾の放送がTBS・MBS・RKBほかで始まり、2011年10月からは第2弾が放送。2014年10月から放送された第3弾では、シリーズ最多の地上波29局で放送された人気コンテンツだ。

その人気は海外にも飛び火し、ドラマ全3シリーズは中国、韓国、台湾、香港、インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイ、ミャンマー、アメリカで既に放送・配信されているが、今回新たにモンゴル、フィジー、リトアニアでの放送も決定した。

そして今回、冒頭にも記したように劇場版続編に加え、Netflixでも『深夜食堂』のドラマ新シリーズが、全世界190ヵ国同時配信という形で幕を開ける。

これについて主演の小林は「最初から(映画の)続編があると思っていたわけではないので、今回、続編の撮影で、またみなさんと一緒にお仕事ができたという意味では、1回目の深夜食堂の映画の撮影が終わった時とは違う感じがあります」とコメント。

海外での反響については「韓国でも、台湾でも、深夜食堂の(リメイクの)ドラマが始まったっていうニュースなんかを聞くと、そのこと自体が面白いことだなあと思います。中国とか台湾、香港、韓国といった国々を見ると、こんなカウンターだけの狭い店で、しかも食堂っていうのは、なかなか日本以外では、ないんじゃないんかと思うんです。けれど、非常に共感していただいていているようで、すごいなって思います」と述べ、「別に大きなドラマがあるわけじゃなくて、本当に市井の人々のドラマが根底にあるんですが、前回よりもさらに、面白い映画に仕上がっていると思います。大がかりとかじゃないですけど、一方で贅沢な感じもすると思うので、楽しんでいただけるんじゃないかなって思っています。ぜひお楽しみください」と話している。

【関連記事】
『深夜食堂』を映画化、『ごちそうさん』飯島奈美が料理を担当し観客の空腹感をそそる!
小林薫主演『深夜食堂』が台湾に続き香港でも公開、好スタート切る!
『深夜食堂』がコミック、ドラマ、映画ともアジア各国で前代未聞のブーム!
[動画]前作『深夜食堂』予告編