朝食セットは、好きなシリアルやドリンクを選べる

写真拡大

大阪大学では、豊中市にある豊中キャンパスの学食、図書館下食堂で、産学連携による「阪大×ケロッグ×グリコ ”栄養バランス満点“ 無料朝食セット」を6月10日(金)まで、平日限定で無料提供(対象は大阪大学生活協同組合員)している。

【写真を見る】5月17日のセレモニーでは、日本ケロッグの公式キャラクターも登場

この無料朝食セットは、“朝食を摂る習慣を身に付けて、健康で規則正しい生活を送ってもらいたい”という思いのもと、日本ケロッグと江崎グリコの全面協力により実現した。

大阪大学が、2015年度の新入生を対象に行ったアンケートでは、学生の30%が“朝食を抜くことがある”、15%が“普段朝食を食べない”と、約半数が朝食を毎日食べないと回答。

特に、この時期はゴールデンウィークの連休明けで、乱れやすくなっている学生の生活リズムを改善することを目的としていて、今回で2回目の実施となる。

1回目に続いて、日本ケロッグが栄養バランス満点のシリアルを提供し、今回はグリコが参加することで、さらにメニューの内容が充実。

大粒で高品質のオーツ麦に、いちごやクランベリーなどの5種類のフルーツを贅沢にミックスした、日本ケロッグの「厳選素材フルーツグラノラ」に加え、腸内環境改善効果が期待できる、江崎グリコの「朝食BifiX ヨーグルト」など、まさに栄養バランス満点のセット内容だ。【関西ウォーカー】