20日、台湾で蔡英文新総統が就任した。初の女性総統に台湾の人々はどのような期待をかけているのだろうか。写真は台湾総統府。

写真拡大

2016年5月20日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは記事「蔡英文氏が総統に就任、民衆の期待と台湾の未来」を掲載した。

20日、台湾で総統就任式が行われ、蔡英文(ツァイ・インウェン)新総統が就任した。初の女性総統に台湾の人々はどのような期待をかけているのだろうか。最大の期待は対中関係だろう。馬英九(マー・インジウ)体制の8年間で中国とあまりに接近しすぎたとの思いから、台湾を中国に「売り飛ばさない」ことが最大の期待と言えそうだ。

その一方で内政、すなわち市民生活の向上にも期待が向けられている。取材に答えた大学生は「よりよい生活を送れるようになること、これが最大の期待。蔡英文氏がどんな政党に属しているかは問題ではなく、市民生活の向上という任務を果たすかどうかだけがポイントだ」と話している。(翻訳・編集/増田聡太郎)