19日、韓国メディアによると、自身を警察と詐称して窃盗未遂犯を暴行し、現金を奪った50代の韓国人の男が警察に逮捕された。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は韓国。

写真拡大

2016年5月19日、韓国・ニューシスによると、自身を警察だと詐称して窃盗未遂犯を暴行し、現金を奪った50代の韓国人の男が警察に逮捕された。

ソウル中浪警察署は同日、他の人の金を盗もうとしていたオ氏(55)を暴行し、金品を奪ったキム氏(50)を強盗の疑いで逮捕したと明らかにした。警察はまた、酒に酔った状態の人から財布を盗もうとしたオ氏を窃盗未遂の疑いで在宅起訴した。

キム氏は昨年10月15日午前2時30分ごろ、ソウル・中浪区で他の人の財布を盗もうとしていたオ氏に対し、自身を警察だと詐称して暴行を加えた後、オ氏の現金35万ウォン(約3万2000円)を盗んだ疑いが持たれている。

警察の調査の結果、キム氏は酒に酔った人の財布を盗むために街を徘徊していたところ、オ氏が自身の犯行対象として目を付けたA氏(46)の金を盗んでいるのを発見したため、警察を装って近づいたことが明らかとなった。オ氏はA氏を介抱すると見せ掛けて現金を奪おうとしたが、ポケットに財布が入っていなかったため、未遂に終わったという。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「牢屋に入る前に笑わせてくれてありがとう」
「手をつないで仲良く刑務所に入ってください」
「今年最高のコメディー!」

「警察の仕事が減ってよかった」
「キム氏は良くないことをしたが、善良な人を苦しめたわけではないから批判できない」

「上には上がいるということだね!」
「場所はどこ?窃盗犯が同時に2人も出没するなんて恐ろしい」

「コメディー映画の一場面として使ったら大ヒットしそう」
「今はやりの1+1(1つ買うと同じ物がもう1つもらえるサービス)?」(翻訳・編集/堂本)