人型ロボット「Pepper」がAndroid に対応。開発者向けに7月より先行販売

写真拡大

ソフトバンクロボティクスとソフトバンクは、人型ロボット「Pepper」をGoogle のAndroid に対応させ、2016年7月より開発者向けモデルを先行販売すると発表した。それに先立ち、Android のプラットフォーム上でロボアプリの開発が可能になる新しいソフトウエア開発キット(以下、SDK)「Pepper SDK for Android Studio」のベータ版を、本日より提供開始する。

PepperがAndroid に対応することで、Android のアプリケーション開発者はすでに持っている知識や技術を活用して、Pepper向けのロボアプリを開発することが可能になる。Android のアプリケーション開発者は世界中に数多くいるため、Android に対応することでPepper向けロボアプリ開発者の裾野が大きく広がることになると同社。

なお、従来のSDKである「Choregraphe(コレグラフ)」も引き続き提供するとのこと。「Choregraphe」で開発したロボアプリは、Androidに対応したPepperでも利用可能だ。

■Android に対応したPepperの開発者向けモデル先行販売について
販売開始時期:2016年7月
本体価格:19万8,000円
Pepper 基本プラン:11,800円×36カ月(分割支払)
Pepper 保険パック:9,800円×36カ月(分割支払)
総額(3年):975,600円

■「Pepper SDK for Android Studio」について
提供開始日:2016年5月19日
ダウンロード方法:ホームページにアクセスしてダウンロード
価格:無料

■プレスリリース

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・車の世帯あたり所有台数は「1台」が50.8%、利用頻度は「毎日」が半数超。価格,com調べ
・男性不妊を啓発する「Dr.小堀の男の妊活ガイド」を公開
・最高ガスボリューム5.0GVの耐圧ボトル×ペプシ史上最強炭酸×強カフェインのペプシ新登場
・ビール好きのためのビール!シカゴの伝説的クラフトビールを日本人向けに厳選し初登場!
・「GUNDAM THE ORIGIN TECHNOLOGY LABO 〜機動戦士ガンダム THE ORIGINを科学する〜」ティザーサイトを公開