目視を超える動きをレーザーで測定。体操競技の採点支援技術を富士通らが共同研究、ひねり回数なども高精度に

写真拡大

日本体操協会と富士通、富士通研究所は、体操競技におけるICTを活用した採点支援技術の共同研究を行うことを発表しました。

富士通研究所の持つ遠距離からの測定が可能な3Dレーザーセンサーと3Dデータ処理技術に、日本体操協会の技や採点に関するノウハウを融合することで、競技者にマーカー装着の負担を掛けず、なおかつ審判員の採点を支援する技術の実現を目指すとしています。

採点競技である体操では、常に公平で正確な採点が求められます。しかし、近年の技術向上により、一部の技は目視が困難なほど高速化しています。例えばトップクラスの選手が行なうひねりなどでは、目視だけでは正確な回数の判定や採点をするのが困難という状況も出てきており、審判員の負担が増大する傾向にあります。

そこで着目されているのが、各種センサーや画像解析技術の活用。選手の動作をセンシングし、数値データで分析することで、目視による判定を支援し、より正確な採点を導くことが可能になるというわけです。

今回の共同研究では、富士通研究所が開発した遠距離でも解像度を維持できる3Dレーザーセンサーと、3Dデータ処理による高精度な骨格・技認識技術を活用して、体操の競技データを取得。さらに、日本体操協会が持っている技の認識や審判の採点に関するノウハウを融合して、採点支援技術の研究や実証実験を行うとしています。

また、3Dレーザーセンサーを使うことで、競技者側がマーカーやセンサーなどを付ける必要がない点もポイント。これまでスポーツにおける動作分析では、体のさまざまな場所にマーカーを装着するモーションキャプチャー技術を応用したものが多かったのですが、実際の競技では、選手の動作を制限するマーカーを装着しながら行うのは現実的ではありません。

対して今回の研究では、3Dレーザーセンサーを用いることで、選手に負担を掛けることなく、動きを立体的かつ高精度に捉えることが可能になっています。

今回の共同研究によって採点支援技術が実現すれば、審判員の負担軽減はもちろん、試合における採点時間の短縮にもつながります。また将来的には、採点競技ではない他のスポーツの試合観戦やトレーニングなどにも同技術を応用できるとしています。

各種スポーツ競技のトレーニングや中継においてICT技術はなくてはならないものになりつつありますが、今回の研究はそうした動きをますます進める取り組みと呼べそうです。