写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ESETは5月18日(現地時間)、「ESET releases new decryptor for TeslaCrypt ransomware」において、ランサムウェア「TeslaCrypt」によって暗号化されたファイルを元に戻すためのツールを公開したと伝えた。TeslaCryptによってファイルが暗号化されている場合、公開されたツールを利用することでファイルを元に戻すことができる可能性がある。

TeslaCryptは広く知られたランサムウェアの1つ。暗号化されたファイルの拡張子が.xxx、.ttt、.micro、.mp3などに変換されている場合、TeslaCryptによって暗号化が実施された可能性がある。このファイルを何もせずにそのままにしている場合、ESETから公開されたツールを使うことでファイルを元に戻すことができる可能性がある。

TeslaCryptを運用してきたグループは最近、このランサムウェアの取り組みを終了すると発表。ESETのアナリストはこの発表を受けてグループにコンタクトを取り、ファイルを元に戻すためのマスターキーの公開を求めたところ、驚いたことにマスターキーが公開されたと説明している。ESETはこの公開されたマスターキーを元にファイルを元に戻すツールを開発したとしている。

(後藤大地)