古代ギリシャ女性詩人の謎、天文学ソフトウェアが解析

写真拡大

2,500年前のギリシアに住み、女性に向けた恋愛詩を書いていたことで有名な女性詩人サッポー。このほど、彼女のある作品が書かれた時期を、天文学ソフトウェアが解明した。

「古代ギリシャ女性詩人の謎、天文学ソフトウェアが解析」の写真・リンク付きの記事はこちら

サッポーは古代世界で有名だった女性詩人であり、ローマ帝国は彼女の死から数百年後も、その彫像や絵画をつくり続けた。

サッポーの作品は9冊の抒情詩集に編纂され、古代エジプトにあった有名なアレクサンドリア図書館に所蔵されたが、同図書館が火災などで消失したこともあり、サッポーの生涯についてはギリシアのレスボス島に住み、女性に対する恋愛の詩を書いていたということ以外、ほとんどわかっていない。

残っているのは複数の詩の断片であるだけにもかかわらず、サッポーは今でもよく知られている。それら断片のひとつ「Midnight Poem」と呼ばれる詩は、紀元前6世紀中ごろに、その場にいない恋人を想って書かれた作品だ。

「Midnight Poem」は今でも強烈な孤独のイメージを思い起こさせる。この詩はもともと古代ギリシア語のアイオリス方言で書かれたものだが、以下はジュリア・ダブノフによる英語翻訳だ。

The moon is set. And the Pleiades.
It’s the middle of the night.
Time passes.
But I sleep alone.

月は沈み スバルは沈み
真夜中は すでに去り
かくて 時は過ぎ
横たわる 我はひとり

この詩が学者たちを悩ませてきたのは、スバル(プレアデス星団)に関する非常に具体的な言及が含まれている点だ。問題は、1年のどの時期に、午前零時前に月とプレアデス星団が地平線に沈んでいたのかということだ。

Pleiades_large-640x461

プレアデス星団(2004年にパロマー天文台が撮影)。Image:NASA, ESA, AURA/Caltech, Palomar Observatory

この謎を解き明かすため、物理学者と天文学者で構成されたグループは、長期における天体の位置を表示するソフトウェア「Starry Night」を利用した。

研究チームは、この詩がサッポーが死亡した紀元前570年に書かれたと仮定した(サッポーの生年はわからないため、確実にわかっている死亡年を利用したのだ)。さらに、サッポーがレスボス島の大都市ミティリーニで詩を執筆したと仮定した。

研究チームは、この詩が紀元前570年に書かれた場合、1月25日から3月31日の間に書かれていたと結論した。論文著者のひとりであるテキサス大学アーリントン校の物理学者マンフレッド・クンツはリリースで以下のように述べている。

当時は現在のように正確で機械的な時計がなく、せいぜい水時計だけだったので、詩が書かれた時期を解明するのは厄介な問題でした。そのため私たちは、異なる日付の夕刻の間に、あの場所からサッポーの目にプレアデス星団が見えたであろう最後の日付も特定しました。

もちろん、どんな科学的な分析が行われたとしても、「サッポーが見ていたもの」が正確に描写されていたかを知ることはできない。あるいは彼女は、ドラマチックな演出のために、この美しい天体を実際には見ることなく、空のイメージを想起していただけなのかもしれないのだ。

「Journal of Astronomical History and Heritage」に掲載された論文はこちら(PDF)。

400px-Bust_Sappho_Musei_Capitolini_MC1164

「エレソスのサッポー」と書かれている彫像。古代ギリシアの像を古代ローマ時代に模刻したもの(紀元前5世紀初期)。Image:Wikimedia Commons