体験レポ : ハマる人、急増中。高濃度ビタミンC点滴って効果アリ?

ここ1〜2年の間にあなたの周りにも「ビタミンC点滴」を受けている人、増えていませんか? 風邪気味のときや疲れやだるさなど体調がよくないとき、肌のくすみやシミ予防などのエイジングサインやニキビや肌荒れにも効果があるとして、健康意識・美容感度の高い人の人気が高まりつつある治療として知られています。

一方で、「注射でしょ? 痛くないの?」「効果ってあるの?」とその効果実感についてもっと知りたいというのも本音。今回はAACクリニック銀座でビタミンC点滴の体験レポを紹介します。

 

ビタミンC点滴の優れた点は、「即効性」


高濃度ビタミンC点滴の優れた点は、「有効成分を点滴で身体の中に直接入れることにより、お悩みの症状を即効で良い状態へしていくのが点滴治療の特長です。高い抗酸化作用による老化予防、免疫力強化、疲労回復、美白作用などの効果があります」とAACクリニック銀座の浜中聡子院長。

風邪を引いたときや疲れが取れないなど「今すぐ何とかしたい!」というときに効果を発揮するのがビタミンC点滴。忙しいビジネスマンが昼休みに「ちょっと点滴を」なんていうのもよくある話だとか。

もうひとつの特長として“予防”治療にも適しているといいます。「免疫力をつけるというお話は先ほどもしましたが、たとえば、『来週のプレゼンまでは体調を万全にしておきたい』というときは、ビタミンC点滴をするという手もあるのです」と浜中先生。回復力を高めるだけでなく、今のコンディションを下げないための予防策として活用できることも覚えておけば、いざというときにも安心ですよね。

 

高濃度ビタミンC点滴の知識を学ぶべし!


 

ここでは、ビタミンC点滴の疑問・質問に答えていきます。

 

食事やサプリと点滴との違いは何ですか?

先ほどもお話したとおり、やはり即効性になります。高濃度の高いビタミンCを血液に入れるため、効果も感じやすいと思います。速い人では2〜3時間くらいで「疲れが取れた」「ダルさがなくなった」という方もいらっしゃいます。 ただし、ビタミンCは、疲れや環境の変化、ストレス、食生活の乱れ、喫煙などの影響で、毎日の摂取量に達していないという人も結構いらっしゃるため、点滴以外にもサプリや食生活で意識して摂ることも大切です。

 

シミへの効果が高いと聞きましたが、有効な使い方は?

シミをつくる元凶である、メラニンの生成を抑えるのがビタミンCです。たとえば、海や山のレジャーが事前に決まっていたら、その前後にビタミンC点滴を受けることをおすすめします。レジャー前は抗酸化力を高めるために、レジャー後はメラニンの生成を抑え、肌ダメージを少なくするというそれぞれの目的にアプローチすることも可能です。この時期にもっとも多く降り注ぐ、紫外線ケアにも効果があります。

 

ビタミンCの濃度の差で効き目に違いはありますか?

濃度が高いと効き目が高くなるというのは本当です。ただし、いきなり高濃度を点滴してもからだがびっくりしてしまうことがあるため、AACクリニック銀座では初心者の方は15gをおすすめしています。アレルギーを持っている方も医師と相談しながら容量を決めましょう。

 

ビタミンC点滴をする頻度はどれくらいがいい?

ビタミンCは、ただ多く摂取すればいいというものではありません。個人差はありますが、2週間に1度もしくは、月に1度程度のペースで点滴をすると免疫力を持ったまま維持できるでしょう。

 

(文・長谷川真弓)

 


この記事の監修
浜中聡子/AACクリニック銀座院長・医学博士

医療法人社団AACクリニック銀座院長。医学博士。米国抗加齢医学会(A4M)専門医、国際アンチエイジング医学会(WOSAAM)専門医、米国先端医療学会(ACAM)専門医などの資格を多数取得。心身両面からのケアで「ウェルエイジング」を提唱し臨床現場に立つ