え、払わなくてOK!? 結婚式を欠席するときのご祝儀

写真拡大

結婚式に招待されたら、基本的にはよろこんで出席するのが大人のマナー。しかし、時にはどうしても都合が悪い、というケースもあるでしょう。このような場合、ご祝儀はどうすればいいのでしょうか。渡す? 渡さない? 金額は? 働く女性とマナー講師が答えます!

■働く女性たちはどうしてる?

まずは、働く女性たちにアンケートでどうするか聞いてみました。

●出席する場合と同じで!

・「3万円。出席するときと同額」(31歳/食品・飲料/専門職)

・「友人の結婚祝いは3万円包むものと思っている。しかし、できることなら1万円ぐらいにしたいところ」(27歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「相場が3万円だから、みんなに合わせて」(32歳/その他/販売職・サービス系)

ほかの友人は出席しているなら、そろえて3万円が妥当でしょうか? 自分だけ額が少ないというのは、たしかに気が引けるかもしれませんね。ただ、3万円包むけれど、本音は『出席しないのに同じ金額か……』と感じている女性も多いようです。

●出席する場合より少なめに1〜2万

・「1〜2万円。お料理とかをいただくわけでもないので、出席するよりは少なめです」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「1万円。式には出ないので、気持ち程度だけ渡す」(34歳/電機)

・「1万円。引出物や料理分を引いての額です」(27歳/その他/専門職)

・「出席する場合と同じ金額を出す必要はないと感じるので。でも1万円ではあまりに少ない気がするので、私は2万円でちょうどいいと思っています」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

結婚式に出席する場合のご祝儀は、3万円が相場。欠席するなら、式で出されるお料理と引き出物の分を差し引いて、1万〜2万円と考える女性は多いようですね。気心の知れた相手なら、「お料理・引き出物分は引いてあるから、もうお返しナシでね!」と伝えて渡すのもアリ?

●ご祝儀は渡しません!

・「欠席するなら、あとからいちいち渡さないと思う」(25歳/その他)

・「渡さない。事前に断るので、特に祝儀は用意しない。親しい友人の場合は、会った際にギフトを持参するかも」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

・「欠席のときは、ご祝儀は渡さないかな。プレゼントは5千円くらいのものを送る」(33歳/医療・福祉/専門職)

欠席ということは、式のお料理や引き出物はないわけです。だから、わざわざご祝儀を渡してしまうと、相手がかえってお返しに気を使うのでは? という点も気になります。その代わりに、ちょっとしたプレゼントというのは、いい方法かもしれません。

●むしろ多めに渡す

・「出席した場合は3万円を払いますが、欠席の場合は参加できなくて申し訳ないと言う気持ちで、プラス2万で計5万払いたいと思います」(33歳/その他)

・「5万円。出席できなかった詫びとして、多めに渡す」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

中には、おわびの気持ちで、金額を上乗せする! という女性も。5万円はかなり大きな金額ですよね……。ご祝儀は渡さないのがいいのか? 額を減らすべきか、それとも増やすべきか? 本当に迷いどころです。

■プロが回答! どう対応するのがマナーなの?

そこで、長年にわたるホテル勤務を経て、現在はマナー講師として活躍する平松幹夫先生に、結婚式を欠席する場合のご祝儀について話を聞いてみました。

「ご祝儀の金額については、本人との間柄・自分の立場や収入などを考慮して決めるのが一番です。友人へのご祝儀なら式に出席する場合は3万円が相場となっているようなので、その前後の金額でいいかと思います。

ただ、実は結婚祝いに現金を贈るというのは海外では珍しいスタイル。日本では現金が主流となっていますが、特に式に出ない場合なら、現金にこだわる必要はないと私は考えています」(平松先生)

さらに、よく言われる金額の奇数・偶数についても、平松先生はあまり気にしなくていいという考えだそうです。

「新郎新婦がすごく数字にこだわる方なら話は別ですが、『例えば本当は2万円にしたいけど、偶数はよくないから……じゃあ1万円で』ということなら、やはり金額が多い2万円の方が、もらった人はよろこぶのではないでしょうか? 偶数・奇数で迷っている場合は、私なら多い金額をおすすめします」(平松先生)

もちろん、結婚のお祝いではマナーも大切ですが、マナーの基本は相手を思いやる気持ち。金額や形式にこだわらず、相手との関係性や相手の気持ちを考慮して決めるのが一番かもしれませんね。

また、平松先生によると、招待状をもらったにもかかわらず欠席する場合は、「ぜひ祝電を」とのこと。現金のご祝儀以外にも、お祝いの気持ちを表す方法はたくさんあるようです。大切な人におめでたいことがあったときは、相手が本当によろこんでくれるお祝いの方法を探してみましょう。

(森川ほしの/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数405件(22〜34歳の働く女性)

※画像はイメージです