2位頼りになる!わが子が「男の子で良かったと思う瞬間」1位は

写真拡大

もし、生まれてくる赤ちゃんの性別を選べるとしたら、あなたなら、どっちを選びますか? 「自分と同じ性別の方が理解がしやすい」気がするので女の子? それとも、逆に「異性の方が気が楽」という考えから、男の子?

もちろんどちらでも、生まれてくる赤ちゃんは、抜群に可愛いですよね。

とはいえ、やはり性別は気になるもの……。そこで、子どもの性別による違いやよさを、事前に知っておくといいかもしれませんね!

過去記事「世のママが“わが子が女の子でよかった!”と思う瞬間…納得の1位は」では、女の子を持つママの本音をご紹介しました。

そこで今回は、『WooRis』が“男の子を持つママ”121人を対象に実施した独自アンケートで、「わが子が男の子でよかったと思った瞬間と理由」について聞いてみました。さっそく、ご紹介していきましょう!

 

■3位:楽でいい!

男の子を持つママさんが選ぶ、「わが子が男の子でよかったと思った瞬間と理由」で3位だったのが“楽でいい”。確かに、男の子を持つママなら納得では? いくつか代表的な声を拾ってみましょう。

・「ある程度適当でよい」

・「女の子と違って、服を買うのが今のところ楽。値段も安上がり」

・「おしゃべりでうまく言いくるめることができるところ。ママにとっては楽ちん」

・「考え方が女の子より単純な所」

こんな声が挙がってきました。やっぱり、女の子と比べると楽な面が多いようですね。

一方でもちろん、「やんちゃ過ぎて言うことを聞かない」。あるいは、「毎日同じことで怒らないと、何度言っても分からない」などという、これまた男の子ならではの、困った理由も挙げられていました。

ただ全体としては、ママにとっては“楽な男の子”という側面を挙げる人が多かったようです。そのまま男女関係にも当てはまるような気もしますが、気のせいでしょうか……。

 

■2位:頼りになる

やっぱりきました、「頼りになる」! これ、ママにとっては、非常に嬉しいようです。

意外に小さい男の子でも、例えば、ママにとって苦手な虫を取ってくれたり、苦手な配線をちょっとつないでくれたりと、かなり役に立っているようです。

・「車の修理や、母子家庭時代には配線やDIYなど頼りになった」

・「小さくても意外に力仕事を頼める」

・「機械に強い」

ママにとっては、苦手なところをカバーしてくれる存在として、やっぱり頼りになるようですね。これは、女の子を持つママにとっては、羨ましいところかもしれませんね。

 

■1位:とにかく、かわいい!

そして堂々の1位がこちら。ママにとっては、男の子がとってもかわいく感じるようです。

・「異性だからか? 可愛いく感じる」

・「小さい彼氏みたい。とにかくかわいい」

・「小さい時は特に甘えん坊で、ママ大好きっ子でかわいい」

・「ママが1番、ママが大好き! と言ってくれるところ」

こうした声が多数あがりました。特に多かったのは「甘えん坊!」という声。多くのママは、これを非常に肯定的に捉えているようです。

男の子とママは、相思相愛な関係を作りやすいのではないでしょうか。

 

■番外編

ちなみに番外編として、“男の子で良かったと思う理由”で、ちょっと面白いなと思った声を挙げておきましょう。

・「考え方が女の子よりも単純で楽」

・「跡継ぎ問題が楽」

・「髪の毛を伸ばさなくて良いところ。またその手入れが楽」

などが挙げられていました。いずれにせよ、“楽”というのがキーワードのようですね。

また逆に女の子の方が良かったのに、と思う点については、

・「落ち着きがなさすぎる」

・「遊びのパワーがすごすぎてついていけない」

・「遊ぶことしか考えてないし、世話が焼ける」

ということでした。もしかしたら、心当たりがあったり、そうした予感があるプレママもいるかもしれませんね。

 

以上、“わが子が男の子で良かったと思った瞬間と理由”でしたが、いかがだったでしょうか?

とにかく“かわいい”と思っているママが多いようですね。男女それぞれに良さがあるとは思いますが、男の子とママの関係は、女の子とママの関係とは違うかもしれません。

さあ、もし男の子が生まれてくる予定のママがいたら、ぜひ参考にして、心の準備をしておきましょう!

(ライター 吉田和充)

 

【関連記事】

※ 世のママが「わが子が女の子で良かった!」と思う瞬間…納得の1位は

※ 「落ち着きのない男の子」の方が実は将来有望な理由とは

※ 思春期だから…じゃなくママが原因!? 「家庭で男の子が口を閉ざす」3つの理由

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 91%の人が「顔汗の改善」を実感!今話題の最強アイテムとは

※ 顔がテカってるなんて言わせない!「顔専用」の汗予防とは

※ 結婚してもずっとキレイ!芸能人のスタイルキープ法とは

 

【姉妹サイト】

※ ホントはやめてほしい…!「妻がドン引きしちゃう」夫の生活習慣5つ

※ 「もう女として見れない」は何位?出産に立ち会った夫の本音1位は

 

【画像】

※ Mihail Semenov / Shutterstock