写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2016年5月17日〜20日(一般公開は19、20日)に富士通は、東京国際フォーラムにおいて「富士通フォーラム2016」を開催したが。同展において、富士通とExaScalerは共同展示という形で液浸のビジネスサーバ群を披露した。

なお、この展示は先進技術としての参考出展であり、現時点では液浸サーバは富士通の商品として提供されてはいない。

これまでPEZY/ExaScalerは、自社開発のメニーコアのPEZY-SCチップを使うスパコンを前面に出していたが、今回は、富士通と共同展示によりビジネス向けのXeonサーバ3種とストレージサーバ2種を公開。一挙に5種の液浸サーバの展示と言うのは圧巻であった。

展示されたサーバブリックは、Xeon E5-2660 v3を16個搭載するマルチXeonサーバブリック、Xeon E5-2650 v3を4個とGPU(現在はKnights Corner)8台を搭載するマルチGPGPUブリック、Xeon D1577を64個搭載するマルチXeon Dサーバブリックの3種である。マルチXeon Dブリックは、全体では1024コア、DDR4 DRAMが4TBという高密度サーバとなる。

これらに加えて、24台の8TB HDDと24台の480GB SSDを搭載するストレージノードブリックと、1TBのM.2 SSDを1480台搭載するオールフラッシュストレージノードブリックも展示した。

ExaScalerの液浸槽には16ブリックが収容できるので、全部をマルチXeon Dブリックとすれば16,384コアで64TBのDRAMを搭載したかなりの規模のサーバになる。また、全部をオールフラッシュストレージブリックとすると、24PBのフラッシュストレージとなる。

フロリナートという絶縁性の液体に直漬けして冷却しているので、体積当たりにすると、空気の1000倍の熱を運ぶことができる。そのため、このような高密度の実装でも冷却が可能となっている。

そして、熱はフロリナートで運び出してしまうので、サーバルームの空調は不要であり、これが大きな省電力化となる。また、空気を循環させるファンも不要であり、騒音もほとんど無くなる。

なお、富士通は、子会社の富山富士通にこの液浸サーバを設置し、実機による機能評価を行っており、試算では従来よりも設置スペースを約70%削減、消費電力も30%以上削減可能と見ている。また、2016年度中には社内の仮想デスクトップ環境の一部に液浸サーバを適用することを見込んでいる。

(Hisa Ando)