日本を訪れる中国人旅行者が増えるにつれ、中国のネット上では日本と中国を比較したうえで、中国の足りない点や遅れている点は日本から学ぼうと主張する意見が増えている。一方で、日本を過度に称賛するような中国人に対して反論する声もあるようだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を訪れる中国人旅行者が増えるにつれ、中国のネット上では日本と中国を比較したうえで、中国の足りない点や遅れている点は日本から学ぼうと主張する意見が増えている。一方で、日本を過度に称賛するような中国人に対して反論する声もあるようだ。

 中国メディアの今日頭条は、日本人の礼儀正しく、謙虚な姿勢は習慣から行っているだけで、心のこもった態度ではないと主張する記事を掲載した。

 記事は冒頭で、日本を訪れたことのある中国人が、口々に「日本国民は非常に礼儀があり遠慮深く、気を遣う」、「日本国民は中国人に敬意と身に余るもてなしを示す」などと述べ、こうした日本人の態度に「中国人は驚きつつも、心から喜ぶ」と説明した。

 一方、なぜ日本人がこの様な態度を取るのかを解説。日本の社会はバランスと協力を重視する社会であり、日本人は人と人とが互いに干渉しない関係を求めていると指摘。日本人が中国人を尊重しているから、親切にしてくれるわけではないと主張し、それは日本人にとっての習慣にすぎないと主張。誰に対しても同じ態度を示していると指摘したうえで、中国人だから尊重され、礼儀正しい態度を示しているわけではないと論じた。

 しかし、そもそも礼儀とは人間関係を円滑にする事が目的である。そのため、互いに礼儀をわきまえていれば気持ちよく生活することができる。さらに言えば「礼儀」は「常識」と密接な関係のある言葉である。日本人の「礼儀」を語るには、日本の「常識」を理解する必要がある。中国のように他者よりも自分を優先することが常識である社会と、日本のように他者の利益を考えることが美徳とされる社会を単純に比較することに無理があるのではないだろうか。

 中国には「衣食足りて礼節を知る」という言葉がある。生活の必要が満たされて初めて、礼儀を学ぶ余裕が生まれるとの意味である。経済が発展し、国民も豊かになってきている中国が今後「礼儀」に目を向けてくれること願いたいところだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)