中国自動車市場では近年、日系車の販売が好調だが、中国自主ブランド車の躍進も目立っている。中国国内の消費者にとって手ごろな価格と向上してきた品質が魅力となっていると考えられる。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国自動車市場では近年、日系車の販売が好調だが、中国自主ブランド車の躍進も目立っている。中国国内の消費者にとって手ごろな価格と向上してきた品質が魅力となっていると考えられる。

 しかし、中国自主ブランド車の基幹部品は中国メーカー以外から調達しているのが現状だ。中国メディアの捜狐はこのほど、「中国自主ブランド車は純国産ではない」と指摘し、その理由として「日本の心を宿しているからだ」と主張。「エンジン」は自動車にとって心臓部にあたる重要な部品だが、中国国産車には日本企業のエンジンが搭載されているという矛盾を指摘した。

 記事は、中国ではいまだに自動車の「完全な国産化」はできていないと指摘。特に「日本のすばらしいエンジンやトランスミッションが国産車に使用されている割合はとても高い」とし、日本の自動車メーカーのエンジンが数多くの中国自主ブランド車に搭載されている現状を伝えた。

 また、第一汽車の高級車である紅旗・HQ3にもトヨタのエンジンが採用されたとし、中国国内では第一汽車による国産エンジンと誤認する人も多いとしながらも、紅旗・HQ3も「実は日系」だと指摘した。また、三菱のエンジンも多くの中国自主ブランド車に採用されていることを紹介した。

 このように、中国自主ブランド車の多くに日本メーカーのエンジンが搭載されている。記事は、日本が戦後数十年で自動車技術において世界を先駆けるまでになったことについて「本当に尊敬しないわけにはいかない!」と絶賛。改革開放から30年が経っても満足な国産エンジンを製造できない自国の自動車メーカーに対し、「まずはエンジンという基幹技術で突破口を見つけるべき」と率直に意見を述べている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)