イルミネーションによる花火で毎晩「日本の夏」が楽しめるサマーライトガーデン(昨年の様子)/画像提供:東京ミッドタウンマネジメント

写真拡大

【東京ミッドタウン/女子旅プレス】東京ミッドタウンでは、2016年7月15日(金)〜8月28日(日)まで今年で10年目を迎える夏イベント「MIDTOWN◇(◇=はハート)SUMMER 2016(ミッドタウンラブズサマー)」を開催。“日本の夏の涼を五感で愉しむ”をテーマに、花火、足水、風鈴といった日本の夏の風物詩を都心ならではのスタイルで体感できる様々なイベントを実施する。

【さらに写真を見る】東京ミッドタウンの夏イベント、「SUMMER LIGHT GARDEN」では秋田・大曲や茨城・土浦の花火大会も表現

メインイベントは、昨年初開催され好評を博した、夏の夜空を色鮮やかなひかり花火で彩るイルミネーション「SUMMER LIGHT GARDEN」(サマーライトガーデン)。

今年は「日本三大花火大会」である「長岡まつり大花火大会」「大曲全国花火競技大会」「土浦全国花火競技大会」とコラボレーションし、それぞれのメインプログラムを各花火大会事務局監修のもとイルミネーションと音で表現。

都心の広大な芝生広場にいながら、華麗に彩られる光の花火の興奮と迫力を目の当たりに出来る。

♥ひかり花火と一緒に楽しみたい野外カフェが今年も登場


また、東京ミッドタウンの夏の定番とも言える「BACARDI MIDPARK CAFE(バカルディ ミッドパーク カフェ)」が今年もミッドタウン・ガーデンにオープン。

緑に囲まれた気持ちのよい空間で、フレッシュミントをたっぷり使用したモヒートや、モヒートを愛した文豪ヘミングウェイをモチーフにしたビターモヒート、日本三大花火とコラボしたスペシャルなモヒートを、スペアリブやロティサリーフリフリチキン、タコライスなど食べごたえ満点のフードとともに楽しめる。

このほかにも、ミッドタウン・ガーデンを流れる小川に足を浸して夕涼みできる「ASHIMIZU」、北海道から沖縄まで日本各地の15種類の風鈴を展示する「風鈴彩祭」、子ども向けのスタンプラリーや体験型ワークショップなど、幅広い世代が一緒に夏の涼を感じられるイベント内容となる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■MIDTOWN◇(◇=はハート)SUMMER 2016(ミッドタウンラブズサマー)


開催期間:2016年7月15日(金)〜8月28日(日)
住所:東京都港区赤坂9-7-1

■SUMMER LIGHT GARDEN(サマーライトガーデン)


場所:芝生広場
時間:18:30〜23:00※「日本三大花火大会」演出は1時間に3回、各回5〜7分程度(予定)
1.新潟県長岡市「長岡まつり大花火大会」プログラム
7月15 日(金)〜7月31日(日)
2.秋田県大仙市「全国花火競技大会(大曲の花火)」プログラム
8月1日(月)〜8月14日(日)
3.茨城県土浦市「土浦全国花火競技大会(土浦の花火)」プログラム
8月15日(月)〜8月28日(日)

■BACARDI MIDPARK CAFE(バカルディ ミッドパーク カフェ)※荒天中止


時間:(平日)17:00〜22:00 (ラストオーダー21:30)、(土日祝)12:00〜22:00 (ラストオーダー21:30)
※8月8日(月)〜8月12日(金)は12:00オープン
場所:ミッドタウン・ガーデン