中国人と付き合った経験がある日本人の中には、「人付き合いの距離感が近い」という印象を挙げる人も。吉林大学の劉良策さんは日本人の友達との些細なやり取りから、表現は異なるものの、双方の気持ちは同じであることを実感したそうだ。資料写真。

写真拡大

中国人と付き合った経験がある日本人の中には、「日本人よりも人付き合いの距離感が近い」という印象を挙げる人が少なくない。吉林大学の劉良策さんは日本人の友達との些細なやり取りから、表現の方法は異なるものの、双方の気持ちは同じであることを実感したそうだ。

【その他の写真】

ある日、私は日本人の友達に、翌日の約束の時間について確認の電話をかけた。「明日のサッカー、何時からだっけ?」「朝9時。でも、ごめん。俺ちょっと用事があって、行けそうにないんだ」。そこで、私は無意識にこう言った。「えっ、用事って、何の用事?」「ちょっと…」。彼は言いかけて黙り込んだ。私は、電話のやり取りには特に違和感を覚えなかった。

しかし、数日後、突然彼に尋ねられた。彼の話だと、日本人は誘いや約束などを断る時、「ちょっと用事があって…」と言うのが普通だそうだ。しかし、それは中国人にとって誠意のない理由に聞こえ、自分が相手に大事にされてないと感じてしまう。それで、中国人はたまらず何の用事かと聞く。「劉さん。これ、どう思う?」。

その時、私は先日の電話を思い出した。確かに自分も「何の用事?」と聞いた。もしや、私が彼の返事に「誠意がない」と思ったのだと誤解されたのではないか。不安に思った私は、自分の気持ちを精一杯説明した。「違うよ。そんなつもりで聞いたんじゃなくて、それはいわゆる中国人の習慣みたいなものでさ…」「えっ、習慣?でも、日本人はあまり聞かないよ。プライバシーに関わることだから…」。

相手のことを大事に思っているからこそ、中国人は「何の用事?」と聞く。だが、本気でその「用事」の詳しい説明を求めているわけではない。「もし相手が困っているなら力になりたい」という思いやりが、この「何の用事?」という言葉には潜んでいる。そして、そう聞くことは中国人の習慣になっている。ところが、日本人は「相手のプライバシーを侵害しないように」「相手を困らせないように」いつも心がけているから、その言葉の背景にある思いやりの気持ちに気づかない。つまり、相手が誘いや約束を断った理由を「聞かない」ことが、日本人なりの思いやりなのだ。

結局、聞くのも聞かないのも、どちらも相手のことを思いやった上での行動だ。たとえ正反対の行動であっても、どちらも同じ気持ちがあることを知れば、お互いの交流もより円滑に進むはずだ。私は日本語学習者の一人として、自分の習った日本語、学んだ日本文化を生かし、両国の人々のための「伝道師」になりたい。「そうだったのか。行動は違うけど、気持ちは一緒だよね」。私の説明を聞いて、彼はうなずいてくれた。

彼と同じように、一人でも多くの人々に、「中国人と日本人、行動違えど、気持ちは同じ」ということを理解してほしい。そうすれば、中日友好には明るい未来が必ずあるものと信じている。(編集/北田)

※本文は、第三回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集「国という枠を越えて」(段躍中編、日本僑報社、2007年)より、劉良策さん(吉林大学)の作品「行動違えど気持ちは同じ―「何の用事」から見た中日友好」を編集したものです。文中の表現は基本的に原文のまま記載しています。なお、作文は日本僑報社の許可を得て掲載しています。