18日、韓国の国民安全処海洋警備安全本部は、緊急時に韓国海域に避難する中国漁船の安全管理と執行力の強化を行うと発表。これに対し韓国では「中国漁船が航路をふさいでしまう状況を防ぐ狙いがある」の見方が強い。資料写真。

写真拡大

2016年5月18日、韓国の国民安全処海洋警備安全本部は、緊急時に韓国海域に避難する中国漁船の安全管理と執行力の強化を行うと発表。これに対し韓国では「中国漁船が航路をふさいでしまう状況を防ぐ狙いがある」の見方が強い。環球時報が伝えた。

報道によると、2015年、緊急事態により韓国海域に避難した中国漁船は2614隻で、韓国メディアは、「悪天候などにより集団で韓国海域に避難する中国漁船が韓国の航路をふさいでしまうと懸念し、こうした状況を防ぐのが目的」との報道が目立った。

韓国・KBSは、「避難区域に指定された場所で監視や捜査を強化し、緊急避難を利用し違法操業や海洋汚染行為が見つかった場合は厳しく罰する。事前申請せずに韓国海域に緊急避難する中国漁船も少なくないことから、韓国政府は関連の資料を用意し、外交ルートを通じ中国側に周知及び指導を要請する」と報じた。

さらに、韓国・NEWSisによると、国民安全処の最新のデータで、今年1〜4月の期間、韓国海域で違法操業により拿捕(だほ)された中国漁船は前年に比べ53%減の87隻だった。減少した原因について国民安全処は、「中国政府が自国の漁民に対する指導を強化したことが主な原因で、韓国海域の漁期がずれ込み、韓国側の取り締まり強化も影響した」と述べている。(翻訳・編集/内山)