18日、各国がビザの発給要件を緩和し、中国人留学生の呼び込みを図っている。写真は上海で開催された中国国際教育巡回展示会。

写真拡大

2016年5月18日、第21回中国国際教育巡回展示会(上海)がこのほど、上海で開催。英国や米国、フランス、ドイツ、オーストラリアなど人気留学先の常連国のほか、アラブ首長国連邦、ポーランド、ハンガリーの初参加国などから来た90以上の大学や教育機関が出展した。人気の留学先国は、多くの留学生を呼び込もうと、ビザ発給要件の緩和を実施している一方、初参加国は奨学金や就職、学費などの優遇策を目玉にしている。香港紙・文匯報が伝えた。

■幼稚園から高校まで中国人留学生が増加

中国教育部の統計によると、2015年、中国から海外に留学した人の数が初めて50万人を突破した。米国や英国、オーストラリア、カナダなどでは、中国が外国人留学生の最大の出身国となっている。在カナダ上海総領事館の教育商務担当者によると、近年、幼稚園から高校までの留学生が急増している。同様の状況は英国やオーストラリアでも見られる。14年から、オーストラリアは、中学校の留学生を対象にしたビザの取得要件を段階的に緩和している。英国総領事館文化教育部教育推進担当者によると、現在、英国に留学している中高生の総数は1万人を超えている。また、英国はここ数年、寮制の中学・高校を設置して、中国人留学生の呼び込みを図っている。

■中国人留学生向けにビザの取得要件緩和

中国で留学が人気となっているのを背景に、さらに多くの留学生を呼び込もうと、人気の留学先国は留学を対象にしたビザの取得要件緩和を実施している。在中国フランス大使館傘下のフランス政府留学局・CampusFranceは12日、中国政府が重点的に建設を進めている「211プロジェクト」や「985プロジェクト」に認定されている大学から来た全てのフランス語学部生を対象に、フランスの総合性大学の学部の交流プロジェクトや二重学位制度プロジェクトに参加する場合のビザを免除するほか、「中国政府奨学金獲得者」、「フランス政府奨学金獲得者」、「EU(欧州連合)奨学金獲得者」を対象に、申請費用を無料にすることを発表した。今年4月、カナダ移民省は、留学ビザを申請する場合、条件を満たしていれば、ビザの保証金や保証金の過去の記録、出資者の所得証明などの書類の提出を免除すると発表した。現在、英国に留学して博士学位を取得した留学生は、無条件で2年の就労ビザを取得できる。その他、英国の一部の大学には、「起業ビザ」の枠が当てられ、起業プロジェクトを有する新卒者を対象に、大学の選出を経て、1年の「起業ビザ」を発行している。

■一帯一路(1ベルト、1ロード)沿線国への留学が増加中

ドバイウーロンゴン大学やアメリカンユニバーシティシャルジャ校など、アラブ首長国連邦の大学4校が同展示会に初出展した。現在、アラブ首長国連邦には、中国人留学生が約800人いる。特に、14年以降、アラブ首長国連邦の学校に留学する中国人留学生は毎年、300〜400人に達している。20年にはドバイ万博、22年にはサッカーカタールワールドカップが開催されるため、アラブ首長国連邦の中国人留学生はさらに増加すると予測されている。アラブ首長国連邦の中国人留学生の約9割は卒業後、そのまま現地で就職しているのは興味深い。その主な理由は環境が良いことが挙げられる。(提供/人民網日本語版・編集KN)