5月22日は射手座のウエサク満月 恐れを手放して、理想を追う強さを手に入れよう!

写真拡大

 5月22日は満月です。満月は達成、成就の時。さまざまな結果が出やすい時期なので、新月で決めた夢や目標の進み具合を見つめ直すことに適しています。満月で、不調和なものや改善点が見つかったら、欠けゆく月の期間で手放していきましょう(詳しくはこちら)

■今回の満月の特徴は?

【満月が起こる場所】射手座
【満月になる時刻】5月22日6:14
【射手座満月のキーワード】「楽観的」「自由を愛する」「理想追求」「哲学的思考」「海外・異文化」……etc.

 射手座は、理想に向けて一直線に進む力を持つ星座。ケンタウロスの矢を放つような勢いで、目指したものへと向かっていきます。未来志向で冒険心も豊富。楽観的な気持ちで、物ごとを拡大発展させるエネルギーを授けてくれます。

 さらに、5月の満月(旧暦4月15日の満月)は「ウエサク満月」。天界と地上界のエネルギーの扉が開くと言われ、世界中にパワフルなエネルギーが降り注ぎます。日本でも、古くから京都の鞍馬寺でお祭りが行われているほどの特別な日。4月末から続いていた水星逆行もこの日に終了するため、何か新しい動きがあったり、新たなアイデアをひらめいたりと、ビビッドな出来事も起こりそうです。

 ただし、今回の満月は、月が火星と重なり、真向かいの太陽は金星と重なった状態になります。そこに魚座の海王星と乙女座の木星も十字を作るように交わり、迷いや葛藤を呼びそうな配置を形成。職場や恋愛での揉めごとなども暗示されるので、イライラやケンカには注意が必要。かなりインパクトのあるパワフルな満月になりそうですよ!

■射手座満月にオススメの「手放し&改善ワーク」

 満月の夜は自分の無意識へと光が届くとき。今回のパワフルな「射手座のウエサク満月」は、迷いを手放して、夢や理想と真正面から向き合うことに適しています。自分の心を見つめながら、下記のような手放しと改善を誓ってみましょう!

★手放し&改善の例★
「恐れを手放して、自分の理想を楽しく追求できる人になる」
「考えすぎを手放して、楽観的になる」
「閉鎖的な性格を手放して、オープンな交流を持てるようになる」……etc.

★射手座的特徴が悪く出ていないかもチェックを!★
「約束を守れない」
「日常生活をおろそかにしてしまう」
「つい大風呂敷を広げてしまい後悔する」……etc.

 手放し&改善ワークは、月光が心にしみこんでいくイメージでおこなうのがオススメです。万一の曇りや雨で月が見えなくても、満月のパワーは地上に降り注いでいます。雲の向こうにある満月に思いを馳せて、そのエネルギーを感じてみてください。

■射手座満月の過ごし方

 今回の満月は、自分の理想と向き合う力や、未来の希望を見つめる力を注いでくれます。さらにそこに、惑星たちが「自分の心の葛藤」にも光を当ててくれるイメージの星回り。ぜひこの日の夜は、「自分の夢をはばむもの」が何か、じっくり考えて書き出してみましょう。

 そして、「手放し&改善ワーク」で、書き出したものを手放して、「楽観的に前に進むこと」を誓ってみてください。今回は「なりたい自分像」や「自分の夢」が射手座満月の月光を吸収してキラキラと輝いていく姿を意識してみましょう。

 射手座エリアには、現在「責任と制限の星・土星」が滞在しています。そういう意味でも、今のタイミングは「射手座的な夢や理想」に対して「本当にそれでいいのか?」という土星の厳しい問いかけが入っています。一度じっくり見つめなおしてみると、案外古い夢にしがみついていた自分を発見するかもしれませんよ。

 この満月で、不要な思いは手放して、今の自分にふさわしい夢と理想を手に入れていきましょう!
(永沢蜜羽)