ホステスプロとしても期待を集める堀琴音 初優勝はなるか(撮影:ALBA)

写真拡大

<中京テレビ・ブリヂストンレディス 事前情報◇19日◇中京ゴルフ倶楽部 石野コース(6,431ヤード ・パー72)>
 国内ツアー第12戦『中京テレビ・ブリヂストンレディス』には、約20名のブリヂストン契約選手がホステスプロとして出場する。若手で注目されるのが今季初シード選手として戦う堀琴音。昨年大会は5位タイ、2014年はアマチュア出場ながら8位タイとコースとの相性は良く「試合になったらコースが味方してくれると思います」と自信を持って試合に臨む。

 国内ツアー第4戦『アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI』での3位タイ以来、結果が出ていない堀だが「バーディチャンスも増えてきたし、得意のショートアイアンも良くなってきた」と改善の兆しが見えている。「いつもお世話になっているブリヂストンさんの大会ですし、いい成績を出して恩返しをしたい。“頑張って”と応援して下さることは力になると思います」。 この日は最高気温25度。徐々に気温も上がってきて大会中の疲労も心配されるが「私は暑い方が好き。もっと暑くなって欲しいです(笑)」と暑さに負けない熱いプレーを見せる腹積もりだ。
 今大会には姉・奈津佳もホステスプロとして出場するため『スタジオアリス女子オープン』以来の姉妹出場となる。福嶋浩子が史上初めて『サイバーエージェントレディス』で達成した“姉妹V”のチャンスは堀姉妹にももちろんある。
「(福嶋姉妹は)偉大な方々ですし、むしろ同じように話題に挙げて頂けるだけでも嬉しい」と恐縮したものの、それでも最も得意なコースでのホステス大会は初優勝の舞台としては文句のつけようもない。目標は「毎日アンダーを出すことと、去年の成績を上回ること」。達成できれば優勝のチャンスは近づいてくる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム第12回】
開幕まで約3か月!リオ五輪特集