写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京工科大学は5月19日、2016年度の新入生の「コミュニケーションツール」利用実態調査を発表した。この調査は2014年から実施しており、今回で3回目。今年は4月5日・7日に新入生1,695名を対象に、コミュニケーションツール等の利用状況に関するアンケート調査を実施した。

それによるど、ソーシャル・ネットワークキング・サービス(SNS)利用率では、「LINE」(98%)が4ポイント増えほぼ全員に普及しているほか、次いで「Twitter」(81%)も9ポイント増と人気を維持。また、「Instagram」(29%)は前年比で倍増するなど急拡大しており、特に女子は男子の約3倍となる半数以上(52%)に達したという。一方、全体で3番目に高かった「Google+」(37%)は、男子が女子を8ポイント上回ったという。

友人との連絡手段では、「LINE」(98%)がさらに拡大しほぼ全員が利用し、次いで「Twitterのメッセージ機能」(40%)は、女子の半数が利用。一方、「携帯電話のキャリアメール」(36%)は前年比12ポイント減となり、本調査を開始した2年前から半減したという。

携帯機器の所有率ではスマートフォンが100%近くに達し、中でも「iPhone」(64%)が5ポイント増え、女子では73%に達した一方、「iPhone以外」(37%)は横ばい。また、「タブレット端末」(18%)は2年連続で増加傾向にあるという。一方、次世代の端末として注目される「スマートウォッチ」は0.2%にとどまったという。

(丸山篤)