Twitter「#秘密にしておきたかった生き物」画像検索のスクリーンショット

写真拡大

Twitter上にて、ハッシュタグ「#秘密にしておきたかった生き物」をつけて、あまり知られていない珍しい生き物たちの画像が次々に投稿されています。

【「#秘密にしておきたかった生き物」 Twitterに神秘の生き物が大集合の画像・動画をすべて見る】

誰もが「秘密にしておきたかった」と言いながらも、自分の推し生物をイキイキと紹介。一時はTwitterのトレンド入りを果たすなど、注目を集めています。

今回はKAI-YOU編集部も驚きだったマイナーな生物たちをピックアップしてご紹介します。

かっこいいビジュアルのマイナー生物





ハッシュタグ「#秘密にしておきたかった生き物」はbrz-05∴炭化さん@5684a)によってつくられました。

最初に投稿されたマイナー生物は、オナガザメ。全長の約半分を長い尾ビレが占めています。泳ぐ姿がクール!




一瞬、加工された画像のように見えますが、これは驚くほど脚が長いタテガミオオカミ

茂みの中を歩くのに適しているようです。




アルマジロトカゲは南アフリカ共和国の乾燥地帯に生息。

手乗りドラゴン」と言っても過言ではないビジュアルは、まるで中世ファンタジーの物語から飛び出してきたよう。硬くてトゲの付いた鎧のようなカラダ……ロマンにあふれています!




真っ黒で筋肉質な馬・フリージアン。タテガミがロン毛でイケメンオーラがすごい!




こちらも真っ黒なニワトリのアヤム・セマニ。「ランボルギーニ・チキン」という異名でも呼ばれます。

インドネシアのジャワ島に生息し、骨や内臓までも真っ黒なのだとか。




メキシコやパナマ、コロンビアからアメリカのフロリダ州あたりにかけて生息するグラス・ウィング・バタフライ

ガラスのような透明な羽は、はばたくと幻想的に輝きます。か弱そうな見た目ですが、自分の40倍もの重量を運ぶことができるという意外な一面も!




ブルードラゴンと呼ばれるアオミノウミウシ

主に熱帯の海に生息する生き物だそうですが、神秘的すぎてCGのようです。

珍しくてキュートな癒される生物たち!





マウンテン・ブルーバードのヒナは産毛がフッカフカ! 手なずけて肩のうえに乗せたい……。




グリーンランドのツンドラ地域からカナダ北端にかけて分布するホッキョクウサギ

脚が長く、立ち上がった姿がちょっとシュール。




トルコ語で「黒い耳」を意味するカラカル

食料の鳥を捕らえる時は地上から3mほどまでジャンプするんだそう。子供時代かわいすぎやろ……!




こちらは砂漠などに生息するクロアシネコ。現存する猫の中で最も小さい種のひとつだそう。

とってもキュートな見た目ですが、時には自分の体よりも大きな生物も捕食します。




西オーストラリアにある小さな島・ロットネスト島にしか生息しない生物・クオッカ

同じ島の中に天敵が存在しないので、「世界一幸せな生き物」と呼ばれています。表情が純真無垢!




白くて小さいシロヘラコウモリ。葉っぱの裏にくっついて生活しているようです。天使かよ!




カナダヤマアラシ……。木の上でひたすらやる気なさそうな表情を見せ癒してくれます……。

ぼーっとしているように見えますが、そのトゲは鋭く、刺さると抜けにくいそうです……。




まるでウサギを型どった和菓子みたいなシロウサギウミウシ。かわいいし、美味しそう!




こちらも和菓子っぽい生き物、アメフクラガエル。

その和名は「きなこまぶしわらびもちがえる」。なごむ〜!

ちょっとグロいのもいる! 個性的すぎるマイナー生物






ピンクとイエローがド派手! フォトジェニックすぎる蛾・モモイロヤママユ

ちょっとグロいけど、ぬいぐるみのようにモッフモフで、片手を挙げているようなポーズも可愛くみえてきます。




キモかわなガマグチヨタカ。スタジオジブリ作品にでてきそうなビジュアルです。

ヒナ時代はめっちゃかわいい!




絶滅危惧種のウシ科生物・サイガ。超個性的な鼻の形をしていますが、これは鼻で湿らせて温めた空気を体内に取り込む防寒のためだそう。



ギネスブックに「世界一怖いもの知らずの動物」と認定されたイタチの仲間・ラーテル

ライオンも傷つけることが出来ない頑丈な皮膚と毒ヘビの猛毒にも耐える毒耐性を持っているといいます。




特撮に出てきそうなビジュアルのコロッサル・スクイッド(別名・ダイオウホウズキイカ)。

体長は約12m〜14mとされていて、ダイビング中にこんな生物に遭遇したら驚きですが、深度2,000mの深海域に棲息しているそうなので滅多に出会うことはないでしょう。




タートルアントシリキレグモ。どちらも地面に穴を掘って巣をつくり、その巣穴を外敵から守るためにからだに付いたフタで閉じてしまいます。

オレオにしか見えない……。進化っておもしろいな〜!




チリに生息する「生きた岩」呼ばれるピュラチレンシス

ホヤの一種とされ、食べると美味しいらしいですが、ちょっとグロすぎませんか!




1,000メートルくらいまでの海底に生息するテヅルモヅル。似てますが『ドグラ・マグラ』ではありませんよ……!

カオスな造形でRPGの裏ボス感がハンパないです。海の生物は特に謎な造形が多いですね……。

他にも知られざる「#秘密にしておきたかった生き物」は、たくさんいると思いますので、推しのマイナー生物がいる方は、是非ともコメント欄で教えてください!