写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トヨタ自動車は19日、パシフィコ横浜で5月25〜27日の期間に開催される「人とくるまのテクノロジー展2016 横浜」において、トヨタがめざす「もっといいクルマづくり」や将来に向けた取組みを紹介すると発表した。

トヨタブースでは、トヨタが全社を挙げて取り組むクルマづくりの構造改革「Toyota New Global Architecture(TNGA)」の第1号車である4代目「プリウス」のカットモデルを展示。進化したハイブリッドシステムとして最大熱効率40%を実現したエンジンやリチウムイオン電池、「プリウス」初採用の4WDシステムなども展示する。

先進安全技術として搭載された衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」や、路車間・車車間通信を活用した運転支援システム「ITS Connect」も映像やパネルで紹介。将来に向けた取組みとして、同社が取り組んできた自動運転の考え方「Mobility Teammate Concept」や、持続可能な社会の実現に貢献するための新たなチャレンジ「トヨタ環境チャレンジ2050」を映像やパネルで紹介する。

なお、「人とくるまのテクノロジー展2016横浜」の特別企画展へ「MIRAI」「トヨタスポーツ800」や初代「プリウス」の車両に加え、初代「プリウス」に搭載されたハイブリッドシステム「THS」のカットモデルを出展。試乗会では4代目「プリウス」「LEXUS RC F」を提供する。

(木下健児)