(C)TBS

中谷美紀さんを主演に据え、話題沸騰中のドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』、略して『できしな』。中谷さん演じる39歳の美人独身女医・みやびが、幸せをつかもうと奮闘するラブコメディです。

そんなみやびに「おまえは恋愛弱者だ」と最弱レッテルを貼り、恋愛面で成長させていくキーマンこそ、藤木直人さんが演じる十倉誠司。毎話出てくる格言は、女性から見たら「目からウロコ」のものばかり。

そんな十倉の教えを、今一度紐解いて日々の恋愛に生かしていただきたいと思います!


(C)TBS

3話で、みやびは、サラリーマン・石田(鈴木浩介さん)より「結婚を前提に付き合ってください」と懇願され、デートに繰り出します。

が、いまひとつ気の乗らないみやびに、十倉が放ったのが、この言葉でした。

 

■逆に、楽しい。

自分がデートを心から楽しいと思っていたら、相手も楽しいと思い、そしてデートは成功につながるもの。

とはいえ、気が乗らなかったり、はたまたトラブル時のピンチをチャンスに変える魔法の言葉が、「逆に、楽しい」なのです。

物事のマイナス面をプラスの側面で見て「逆に」楽しいと感じるように言葉で表現することで、そのデートは不思議と楽しくなるもの。

みやびはその言葉を実践し、ものの見事にそのデートは大成功するのですが、と同時に自分が桜井(徳井義実さん)のことを諦められず大好きだという気持ちに気づき、石田を振ってしまいます。


(C)TBS

ただ、桜井には脅威の元カノ(松井愛莉さん)の存在があり、気を落とすみやび。そんなみやびに、4話で、十倉は連日連夜合コンに励み自信を取り戻すようにアドバイスします。

合コンの必勝法……それは!

 

■トークを極めよ!

合コンのお決まりトーク「いくつなの?」「彼氏はどれくらいいないの?」という質問には、お決まりの正直な回答ではなく、ユーモラスにひねりを効かせた回答で返すべきだ、と。

また、十倉は説きます。


(C)TBS

■おさわりを極めよ!

これは決して、キャバ嬢的なエロさわりのことではございません!

べたべたするのではなく、突っ込むときに優しく頬を叩いたり、お手洗いで席を外すときにそっと相手の肩を借りたりなど、あくまでも自然的派生の”おさわり”なのです。

ふいに触られるのにドキッとしたり、心をつかまれる男性は多いもの。

 

切り返しのユーモラストークを実践&おさわりを身に着ければ、あなたもたちまち合コンの覇者になります!ぜひ次の合コンで実践してみてくださいね♡

【関連記事】

※ 不倫をしやすい女子の特徴4つ【毒島ゆり子から学ぶ恋のイロハ塾】

※ 男が告白したくなる女子の特徴4つ【毒島ゆり子から学ぶ恋のイロハ塾】

※ 二股恋愛に溺れる女子の特徴4つ【毒島ゆり子から学ぶ恋のイロハ塾】

※ ドラマ「できしな」に学ぶ!本命女子になれる無敵の方法、教えます

※ 吉田栄作、玉木宏を前に「昔は俺も恰好よかった」と自虐ネタに走る