18日、タイ政府はこのほど、南部プーケット島の沖に浮かぶ離島、シミラン諸島最北端にあるタチャイ島への外国人の立ち入りを禁止すると発表した。写真はタチャイ島。

写真拡大

2016年5月18日、環球時報(電子版)によると、タイ政府はこのほど、南部プーケット島の沖に浮かぶ離島、シミラン諸島最北端にあるタチャイ島への外国人の立ち入りを禁止すると発表した。環境破壊が著しいため。

【その他の写真】

タイ英字紙バンコク・ポストによると、タイ国立公園局の責任者は「タチャイ島は美しい景観から外国人観光客に人気があるが、環境破壊が著しい。われわれは島を閉鎖し、陸上と海上の自然資源の回復を図らなければならない」と述べた。

タイ農業大学の関係者は「タチャイ島のビーチは70人ほどしか収容できないが、多い時には1000人以上が訪れている。島には遊覧船や店舗が増え、環境が急速に破壊されている」と話している。(翻訳・編集/大宮)