ハリー・ポッターに登場する「クィディッチ」を実際にやってみた!! スカイダイバーたちがプレイするCM動画が迫力満点

写真拡大

6月3日から日本テレビの『金曜ロードSHOW!』で4週連続放送されるハリー・ポッターシリーズ。大人から子どもまで、本当に多くの人たちから愛されている作品ですよね。

そのハリー・ポッターシリーズの中に登場するのがクィディッチなるスポーツ。魔法使いたちがほうきにまたがって空中を飛び、ボールを相手ゴールに入れると得点が入るというものです。

今回はクィディッチを実際に現実世界で行ったYouTube動画をご紹介します。でもどうやって?

……なるほど、こういう手があったか!

【スカイダイバーたちによるクィディッチ】

ミステリアスな音楽とともに現れたのは……魔法使いじゃなくてスカイダイバーたち!

残念ながら服装は黒いガウンではないけれど、みんなちゃんとほうきを手に持っています。

上空14000フィート(約4.3キロ)の地点からダイブした彼ら、ほうきにまたがり、空中にあるクィディッチのボールを奪いあいます。やがてボールを手にした一人が、ゴールである輪の中に投げ入れたーーーーっ!!

【ハリポタファンを中心に話題に】

こちら、コロンビアにある「ETB」という通信会社の宣伝動画として作られたもの。空中で実際に繰り広げられたクィディッチは全世界のハリー・ポッターファンの心をつかみ、メディアで一気に話題となった様子。

もちろん映画とまったく同じではないけれど、なかなか迫力ある動画に仕上がっているので皆さんもぜひご覧あれ。

参照元:YouTube(ETB)、QUESTION MORE
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

この記事の動画を見る