写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アライドテレシスは5月18日、同社のコア・スイッチ製品である「SwitchBlade x8100シリーズ」用のファームウェア「AlliedWare Plus(AW+)」をバージョンアップした「Ver.5.4.6-0.1」について、同社サイトからのダウンロードサービスを開始したほか、同シリーズ用のアドバンスドラインカードの新製品である「AT-SBx81XLEM」および、拡張モジュール 「AT-SBx81XLEM/XS8」「AT-SBx81XLEM/Q2」を5月25日から出荷開始する。また、同シリーズ用の「AMFマスターライセンス」も同日にリリースする。価格は税別でAT-SBx81XLEMが69万8000円。

新バージョンのファームウェアでは、AMF(Allied Telesis Management Framework)非対応機器がAMFネットワークに参加可能となる、AMFゲストノード機能に対応する。 同機能では、AMFメンバーにゲスト・ノードが接続すると、AMFメンバーで事前に保持または、AMFメンバーがDHCPスヌーピングとLLDPで取得した当該ノードの機器情報を、AMFマスターに通知する。この仕組みにより、AMFマスターまたはVista Managerからのゲスト・ノードの状態管理が可能になるという。

また、新規のサポートハードウェアとして、AT-SBx81XLEM、AT-SBx81XLEM/XS8、AT-SBx81XLEM/Q2の各製品を追加した。なお、バージョンアップ対象製品は「AT-SBx8112」「AT-SBx8106」「AT-SBx81CFC960」「AT-SBx81CFC400」。新製品のうちAT-SBx81XLEMは、固定スロットとしてSFPスロット×12、拡張モジュール用スロット×1を持つ、SwitchBlade x8100シリーズ用アドバンスドラインカード。

さらに、AT-SBx81XLEM/XS8およびAT-SBx81XLEM/Q2は同製品用の拡張モジュールであり、AT-SBx81XLEM/XS8はSFP+スロットを8スロット、「AT-SBx81XLEM/Q2」はQSFP+スロットを2スロット、それぞれ増設が可能だ。加えて、AT-SBx81XLEMは1Gネットワークで運用しながらも、拡張モジュールであるAT-SBx81XLEM/XS8やAT-SBx81XLEM/Q2を追加することで10GEや40GEへ対応可能であり、1Gから10G、40Gへのマイグレーションをコストを抑えつつ実現するとしている。

AMFアニュアルライセンスは、現行のフィーチャー・ライセンスに代わる使用期限付きのライセンスとなる。コントロール・ファブリック・カードである「AT-SBx81CFC960」用の複数のAMFマスターを統合管理するAMFコントローラー・ライセンス「AT-CF9-AC60-1Y-2016」(60マスター)、AMFマスター機能をサポートするAMFマスター・ライセンス「AT-CF9-AM160L-1Y-2016」(80メンバー、160リンク)/「AT-CF9-AM240L-1Y-2016」(120メンバー、240リンク)、コントロール・ファブリック・カードである「AT-SBx81CFC400」用のAMFマスター・ライセンス「AT-CF4-AM160L-1Y-2016」(80メンバー、160リンク)および、アカデミック製品をリリースする。

新製品の価格は以下の通り。

(山本善之介)