18日、バレーボール女子のリオデジャネイロ五輪世界最終予選で日本に惜敗したタイチーム監督が「これはスポーツではない。日本のショーだ」と怒りをあらわにした。これに韓国のネットユーザーから反響が寄せられている。資料写真。

写真拡大

2016年5月18日、バレーボール女子のリオデジャネイロ五輪世界最終予選で、激戦の末に日本に3−2で敗れたタイのキャテポン監督が、「これはスポーツではない。日本のショーだ」と怒りをあらわにした。韓国ではこれをSTNスポーツなどが翌日付で報じ、韓国のネットユーザーから反響が寄せられている。

試合は最終第5セットで劇的な展開をみせた。タイが2度のレッドカードを受けて2点を失ったのだ。警告はいずれも監督による「遅延行為」に対するもの。選手交代要求が受け入れられずにタイムアウトを求めた行為と、ビデオ判定の要求が通らなかったことについての抗議が問題となった。試合後、キャテポン監督は「このようなことがあったのは私の人生で初めて」と判定への不満を爆発させ、「これはスポーツではない。日本のショーだ」とも語った。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「タイといえば代表的な親日国なのに、日本はなぜタイにこんなことを?」
「タイが勝った試合だと思う」
「韓国は実力でタイに勝とう。それでこそ、タイがもっと日本を憎むようになるはずだ」
「タイは韓国サッカーをばかにして日本のサッカーをあがめている。いい気味だよ」

「日本らしいね」
「日本人の遺伝子は変わらないな」
「日本はどうしちゃったんだ?五輪に出ることよりも国の名誉の方が重要なのでは?そこまでして五輪に出なきゃならないほど日本は後進国なのか?日本好きの僕も、本当にがっかりだよ。一つの国がここまで没落するなんて」

「日本はスポーツまで金が占領しているんだな」
「ずいぶん卑屈なやり方で試合をしたね」
「日本が韓国にこういう手を使うことも十分に考えられる。しかし韓国は日本人のたくらみにやられてばかりの民族じゃない。日本は怖がって韓国にどんな悪さもできないだろう」(翻訳・編集/吉金)