写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県浦安市の東京ディズニーランドに11月22日、ディズニーのコミックブックに登場した『ジュニア・ウッドチャック』シリーズの世界をテーマにした新エリア「キャンプ・ウッドチャック」がオープンすることが19日、明らかになった。

「キャンプ・ウッドチャック」には、東京ディズニーランドで2つ目のキャラクターグリーティング施設となる「ウッドチャック・グリーティングトレイル」が登場。ここでしか見られないコスチュームを来たドナルドとデイジーに会える。

また、飲食施設の「キャンプ・ウッドチャック・キッチン」も新設。屋内ダイニングエリアや、見晴らしの良いテラス席を含む屋外席など、約440席を持つレストランとして登場する。

同レストランでは、キャンプをイメージして開発したメニューを販売。東京ディズニーリゾートでは初登場となるワッフルで挟んだサンドや、アメリカなどでキャンプの定番メニューである"スモア"(焼いたマシュマロとチョコレートを使ったキャンプファイヤーで人気のデザート)をイメージしたデザートなどが味わえる。

そのほか、「キャンプ・ウッドチャック」のエリアの近くには、新しい商品ワゴン「ハッピーキャンパーサプライ」が登場し、オリジナルグッズも一部販売する。

同施設のオープンに伴い、東京ディズニーランドのキャラクターグリーティング施設数は2施設、飲食施設数は52施設、商品販売施設は51施設となる。

(C)Disney