反日的な風潮が強いことが知られる韓国で16日、韓国女性アイドルグループのAOAが謝罪会見を行ったことが報じられた。グループのメンバーが韓国では「抗日(反日)の英雄」と称される安重根を知らなかったことが原因だ。中国メディアの鳳凰網が韓国報道を引用し同話題伝えた。(写真は鳳凰網の18日付報道の画面キャプチャ)

写真拡大

 反日的な風潮が強いことが知られる韓国で16日、韓国女性アイドルグループのAOAが謝罪会見を行ったことが報じられた。グループのメンバーが韓国では「抗日(反日)の英雄」と称される安重根を知らなかったことが原因だ。中国メディアの鳳凰網が韓国報道を引用し同話題伝えた。

 謝罪の原因になったのは韓国のケーブルテレビ局で放送されているバラエティ番組、「チャンネルAOA」での発言。メンバーの2人が番組内で出されたクイズに対して「安重根」という回答が導けず、知らないと語ったことだ。

 発言後に指摘を受けた2人はソーシャルサービス「Instergram」上で謝罪。しかし騒ぎはおさまらず、グループ全員での謝罪会見が開かれることになったという。鳳凰網は同謝罪会見の内容を伝えると同時に、メンバー全員が涙して謝罪している姿の写真を掲載している。

 なおその翌日には番組の制作スタッフも視聴者に対して「不快な表現があり、心からお詫び申しあげます」との公式的な謝罪を行ったとのことだ。

 安重根が英雄視されることについては、日本側、韓国側にそれぞれ主張があるだろう。個人でも考えに違いがあるはずだ。しかし今回の騒動のように「英雄として扱わないことは悪」として、糾弾することには違和感を感じざるを得ない。今回の謝罪会見を背景に、反日運動が加速しないかも心配だ。(編集担当:大平祥雲)(写真は鳳凰網の18日付報道の画面キャプチャ)