グーグル、「会話型AI」を搭載した新しいメッセージングアプリを発表

写真拡大

グーグルは会話型AI「Assistant」機能を搭載した新しいメッセージングアプリ「Allo」とヴィデオ・メッセージングアプリ「Duo」を発表した。チャットしながらレストランの予約をしたりできるという。

「グーグル、「会話型AI」を搭載した新しいメッセージングアプリを発表」の写真・リンク付きの記事はこちら

グーグルは5月18日(米国時間)、開発者向け会議「Google I/O」で新しいメッセージングアプリ「Allo」とヴィデオ・メッセージングアプリ「Duo」を発表した。

どちらも電話番号をベースにしたアプリで、メッセージを入力したり、電話に出ようとしているユーザーに、より多くの情報を提供することに重点を置いている。

Alloのセールスポイントは、会話型AI「Assistant」機能が組み込まれているため、ユーザーが情報を交換しているときに、それが写真であっても適切なコメント候補を提示したり、ユーザーが夕食にイタリアンを食べようと考えていることを察知して近くのレストランを提案したりできるところだ。

Alloにはユーザー同士で交換できるstickers(スタンプ)が豊富に用意されている。「Whisper Shout」(ささやく/叫ぶ)機能を使用すると、そのメッセージで与えたいインパクトを文字の大きさで示せる(叫んでいることをわかってもらうために、すべて大文字にする必要はなくなる)。

また、Alloを使用しながら、送信する写真に落書きをしたり、〈@google〉と入力して検索エンジンを使用することもできる。

RELATED

Alloを使用するサードパーティーの開発者は、Assistantを連動させてAlloの有用性を向上させることが推奨されている。例えば「OpenTable」なら、ユーザーがその日の夜にレストランに行くという話をしていたら、Alloと連動してそのレストランの予約をする手伝いをするといった具合だ。

さらにAlloには、エンドツーエンドの暗号化を行う「匿名モード(incognito mode)」も備わっている。グーグルによると、メッセージをこのモードで閉じると完全に消去されるという。

一方Duoは1対1のヴィデオ・メッセージをベースにしており、これも電話番号を使用する。Duoもエンドツーエンドの暗号化をサポートしており、AndroidとiOSで稼働するという。またDuoは「Knock Knock」という面白い機能も搭載しており、相手が応答する前に、自分の動画を相手の端末に表示させることができる。

Duoは、動画の遅れによるイライラを最小限に抑えるために低帯域幅で稼動するようになっている。Duoは「接続とパフォーマンスをプロアクティヴに監視」し、必要に応じて「Wi-Fiからセルラーに切り替える」ことも可能だとグーグルは説明している。

Watch this on The Scene.