5月19日、東京・アバコクリエイティブスタジオにて『レジェンド・オブ・トゥモロー<ファースト・シーズン>』公開アフレコが行われ、声優デビューを飾ったGENERATIONS from EXILE TRIBEの数原龍友さんが登場しました。


『レジェンド・オブ・トゥモロー』は、DCコミックスの錚々たるヒーローたちが 集結し史上最凶の脅威に挑む、ヒーローアクション超大作ドラマ。

数原さんは、本人たっての希望で低音ボイスを活かせるヴィラン(悪役)「二代目デスストローク」を演じました。


数原さんは兼ねてから「声優の仕事をしてみたかった」と熱望していたようで、初めての声を使う仕事について、努力を明かしました。

「レコーディング同様、喉のケアを怠らないようにしました。今まで観てた映画を、あえて吹き替えで観たりして一から聞きなおして自分なりにできる勉強しました」と話し、さらには自分の声をボイスレコーダーに録音し、何度も何度も聞き返したと言います。


その成果もあってか、公開アフレコでの成果は上々!


ただ、本人曰く本日の出来栄えは「50点」と、かなり厳しめの自己評価です。

理由を尋ねると、「やっぱり本当に自分は声優としては、まだまだど新人というか、初めてだったので。これからも声の仕事をしていきたいと思いますので、そういう意味で50点くらいかな」と、先の仕事を見越しての評価だと言います。

また、今回声優デビューすることについて、GENERATIONSのメンバーも応援しているそうで、「自分がやりたかったこととメンバーも知っていたので、僕の夢が叶うということで、頑張ってねと声はかけてもらいました。ふざけた相方は“見に行こうかな”と言っていたんですけど、絶対来るなと言いました(笑)」と、愛情たっぷりに背中を押してくれたそう。

さらに「最近した悪いことは何か」とアフレコ終了後の囲み取材で尋ねられた数原さんは「何だろうなあ」と考えた後、「小さなゴキブリのフィギュアみたいなのがあるんですけど、メンバーの子のヘッドフォンのケースにしのばせました(笑)」と告白。


その被害に遭ったメンバーは白濱亜嵐さんだったそうで、後日「“誰がやった”ってすごい怒ってて、僕です、と自主しました(笑)」と明かし、報道陣の笑いを誘っていました。

『レジェンド・オブ・トゥモロー』はデジタルセル先行配信中、今秋ブルーレイ&DVDリリース(ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント)です!

【関連記事】

※ 三代目JSB岩田剛典&今市隆二が登場「みんなで銭湯にも行った」

※  三代目JSB・岩田剛典が理想のタイプを告白!「味噌汁系女子がいい」

※ 松田龍平「瑛太に宇宙人みたいだと言われた」

※ 生田斗真、脳内を見たい相手は岡田将生&松坂桃李をスルーで女優を指名

※ 中谷美紀「皺の奥まで撮らないで、見ないで」