高雄市政府提供

写真拡大

(高雄 19日 中央社)同性カップルの関係を認めるパートナー登録制度が高雄市で開始されてから20日で1周年を迎える。同市政府民政局によると、全台湾でこれまでに少なくとも700組が登録を済ませたとしている。

同制度は「性的少数者(LGBT)の人権を尊重することで、心の支えになれば」として高雄市が全国に先駆け実施。その後台北、台中、新北、台南、嘉義、桃園各市と彰化県なども追随した。

同局では法律の規定を超えず、LGBTの生活上の要望と権利向上に応じ、各界の関心を集められたとしている。

(王淑芬/編集:齊藤啓介)