水球日本代表が独自に作り出した新たなシステム『パスラインディフェンス』は、世界に通用するのか。

 その試金石ともなる、FINA水球ワールドリーグインターコンチネンタルトーナメントが5月10〜15日に、横浜国際プールで行なわれた。

 このワールドリーグは、五輪、世界水泳選手権と並び、三大世界大会のひとつとされている。日本初開催となった今大会は、アメリカ、オーストラリア、ブラジル、カザフスタン、中国、そして日本の6カ国が出場。このうち、リオデジャネイロ五輪の予選で日本と同じグループとなっているオーストラリア、ブラジルとの対戦は、まさに五輪前哨戦である。

 結果から言えば、日本はアメリカ、オーストラリア、ブラジルに敗れたものの、カザフスタンと中国に勝利して4位となり、ワールドリーグの決勝戦である、スーパーファイナルへの出場を決めた。

 だが日本には、スーパーファイナル出場以上に今大会の大切な目的があった。それは、新システムの『パスラインディフェンス』がアメリカを始めとする強豪国相手に通用するかどうかを試すことだった。

 そのアメリカ戦。日本は第1クォーターで奪われた3点差を最後まで詰めることができず、14−17で敗れてしまう。

 続くオーストラリア戦では点の奪い合いではなく、両チームともにひと桁得点のロースコアで決着。第1クォーターに奪われた点差を縮めることができず、最後まで2点差のまま5−7で敗北を喫した。

 この2試合で敗れはしたが、「日本のパスラインディフェンスは効果的に機能していたし、通用している」と試合を振り返った大本洋嗣ヘッドコーチ(以下HC)。特にアメリカ戦では「相手が攻めてきてくれれば、こちらも守りやすいし、攻めやすい」(大本HC)。相手が攻めてきてくれたからこそ、パスラインディフェンスの最大の強みであるカウンターチャンスが生まれ、日本も強豪国相手に14点も奪うことができた。

 オーストラリアはアメリカと違い、ディフェンスが得意なチーム。30秒という攻撃時間をじっくり使ったプレーをするため、日本もなかなかカウンターチャンスを作り出せない。しかし、パスラインディフェンスが機能しなかったわけではない。

 パスラインディフェンスは、オールコートでマンツーマンディフェンスを行なうのが基本。自軍エリアまでボールを運ばれる前から日本は積極的にボールを奪いにいき、オーストラリアにも攻めるチャンスを与えなかったのだ。そのため、オーストラリアの攻撃が30秒のオーバータイムになる場面がよく見られた。そういう意味では、パスラインディフェンスがしっかりと機能していたと言えるだろう。

 だが、アメリカ、オーストラリアといった強豪国と渡り合ったことで、パスラインディフェンスは世界にも通用すると思っていた矢先、大きな弱点が露呈してしまう。

 大会5日目のブラジル戦で、パスラインディフェンスの穴を徹底的に攻め込まれ、10−16という、6点差で敗れたのである。

 ブラジルは、日本エリアのコーナーギリギリまでボールを持っていき、196cmの大型センターにフワッとした高いボールを出して押し込むだけの戦法を徹底して行なった。

 パスラインディフェンスの基本はマンツーマン。そのため、相手選手が広がってしまうと、日本選手もコート全体に散らばることになる。すると、ゴール前には相手センターと日本のディフェンス1人、そしてゴールキーパーという形になってしまう。それでは体格差のあるセンターをブロックできず、高さのあるパスはカットしきれない。結局この戦法で、日本はブラジルのセンター1人に6点も奪われてしまった。

 諸外国に比べて高さに劣る日本は、この戦法をとられてしまうと、防ぐ術がない。会場にいた誰もが「パスラインディフェンスが破られた」と思ってしまうほど、日本は完膚無きまでに叩きつぶされた。

 しかし、大会最終日の順位決定戦で再度ブラジルとの対戦を迎えた日本は、全く違う姿を見せつける。

 ブラジルが1点リードで迎えた後半第3クォーター。得意のカウンターアタックを決めるなど、流れに乗った日本が反対に1点のリードを奪ってみせたのだ。第4クォーターで惜しくも逆転されて12−13で敗れはしたが、1点差という結果は、前日のやられっぷりに比べると、信じられない健闘だった。

 パスラインディフェンスを完璧に破られた日本が、なぜここまで戦うことができたのか。

 その答えは、とてもシンプル。『センターにボールを出させない』ことを徹底したのだ。敗因でもあったサイドからの高いパスを出させないために早めにブラジル選手に当たり、そもそもサイドのスペースまでボールを運ばせないようにしたのである。それでも数本は同じような高いパスを入れられたが、日本はパスラインディフェンスの陣形を崩すことなく対応してみせた。

 五輪前哨戦でもあった今大会を終えて特筆すべきなのは、日本が驚くほどのスピードでパスラインディフェンスをレベルアップさせていることだ。

 どんな戦略やシステムにも、弱点は存在する。その弱点を突かれたとき、どれだけ早く対応ができるかどうかが、そのチームの強さと言い換えてもいい。連戦だったブラジルとの対戦で、日本は高い対応力を証明してみせた。

 32年ぶりに五輪出場を果たした日本代表チームは、ただ単にパスラインディフェンスによって強くなったのではない。このパスラインディフェンスを土台とする、大本HCや選手たち全員の対応力の高さが、今の日本代表の本当の強さなのである。

 6月21〜26日、中国の恵州で行なわれるワールドリーグスーパーファイナルでは、五輪本番でも当たるオーストラリア、ハンガリーが同じ予選グループに入っている。またしても五輪でのライバル国、事前に対戦できるチャンスを得た。

「パスラインディフェンスに、ゴールはありません。これからたくさんの試合を重ねて、その度に見つかる課題をクリアしていき、さらにシステムを強化していくだけです」(大本HC)

 五輪本番までに、日本はパスラインディフェンスをどこまでレベルアップさせることができるのか。高い対応力で急速に成長していく水球日本代表の今後の戦いから、目が離せない。

田坂友暁●取材・文 text by Tasaka Tomoaki