中国では特に地方部において、トイレで使用した紙を便座近くに設置されたゴミ箱に捨てる習慣がある。これは中国の水洗トイレが詰まりやすかったことが原因などとされるが、日本を訪れた中国人旅行客が日本国内でも中国の習慣を出してしまい、使用した紙をゴミ箱に捨ててトラブルになるケースがあるようだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では特に地方部において、トイレで使用した紙を便座近くに設置されたゴミ箱に捨てる習慣がある。これは中国の水洗トイレが詰まりやすかったことが原因などとされるが、日本を訪れた中国人旅行客が日本国内でも中国の習慣を出してしまい、使用した紙をゴミ箱に捨ててトラブルになるケースがあるようだ。

 中国メディアの愛活網はこのほど、日本と中国は「一衣帯水」の隣国であり、日中両国の人的交流は活発だとしながらも、日本を訪れる中国人旅行客が増えるにつれ、トイレをめぐる日中両国の習慣の違いが浮き彫りになりつつあることを指摘した。

 記事はまず、日本のトイレの習慣を紹介。日本には和式トイレと洋式トイレがあり、近年は洋式トイレが普及してきていることを指摘し、洋式トイレの普及とともに日本人のトイレをめぐる衛生概念は大きく変化したと紹介した。

 また、和式トイレについては中国でも同様のものが存在し、むしろ中国では和式のようにしゃがんで用を足す形式が一般的であることを伝えたほか、日本では洋式トイレが「中国人の想像を超える水準で普及している」と指摘、そのため「見識の浅い中国人が日本の洋式トイレに驚き、温水洗浄便座を爆買いするのも無理はない」と論じた。

 そのほか記事は、日本と中国のトイレをめぐる違いはトイレの形式だけでなく、習慣も大きく異なるとし、その代表格が「使用した紙」の扱いだと指摘。中国では紙をゴミ箱に捨てるケースが多いが、日本ではトイレに流すことが一般的であると指摘し、日本国内で使用した紙をゴミ箱に入れた中国人旅行客が日本人から「マナー違反」と批判された事例があることを紹介した。

 日本と中国は文化も習慣も異なるのは当然だが、日本を訪れる前に日本の習慣やマナーを学ぶべきと言えるだろう。日本では爆買いを目当てに中国人旅行客を歓迎する動きが一般的だが、マナー違反を続けていては歓迎される存在もそうではなくなってしまうだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)