【ノアの箱船のよう】ペットが飛行機で飼い主と同席に! カナダの山火事避難者のため航空会社が下した英断が話題に

写真拡大

5月1日、カナダ・アルバータ州のフォートマクマレーで大規模な山火事が発生。周辺住民約8万人に避難命令が出されました。

海外メディア「The Dodo」によると、このとき立ち上がったのが2つの航空会社。「ウエストジェット航空(West Jet)」と「カナディアン・ノース航空(Canadian North Airlines)」。

すでに避難していたキャンプ地からさらに離れるよう、人々が国から指示されたことを受け、数千人にもおよぶ避難者を飛行機で輸送しました。その際に画期的だったのは、このとき人間だけでなく、彼らのペットも一緒に搭乗したということ。

なにが画期的って、彼らはみんな貨物室ではなく、飼い主と共に客席に搭乗したのよ!

【犬、猫、カメ、大型犬もみんな一緒!】

飼い主さんと快適な空の旅を楽しんだのは、犬に猫、ウサギやカメ。中にはカエルや、ラブラドール、グレート・デーンなどの大型犬もいたのだそう。

カナダのメディア「CBC News」の記事によると、カナディアン・ノース航空の客室乗務員ワンダ・マレイ(Wanda Murray)さんの話では、このときアクシデントが起こることはなく、彼らは全員行儀よくしていたそう。

【規則を曲げるという英断】

また、「カナディアン・ノース・エアライン」スポークスマンのケリー・ルイス(Kelly Lewis)さんは「大きな動物が客室で過ごすことは極めて異例なこと」と認めています。

なぜなら、ペットがキャビン(客室)に入れないことは、多くの航空会社の規則で決まっているため。

「我々は避難している人々に、彼らのペットを置いてこさせるつもりはありませんでした。なぜなら彼らがどんなにペットのことを愛しているかわかっていたし、私たちも動物が好きだからです」

【みんなが協力しあって成し得た飛行】

飛行機が着陸したとき、乗客たちは皆スタンディングオベーションを行ったのだそうで、乗務員たちはこれに感動。

「大変な状況のなか、快適な空の旅にをするべく協力してくれた乗客のみなさんに深く感謝している。真のヒーローは私たちではなく、乗客の方々だ」と、ルイスさんは「CBC News」に話しています。

飼い主さんにとってもペットたちにとっても、そして客室乗務員のみなさんにとっても、このことは一生の思い出となったはず。無事避難できたみなさんが、1日でも早く普通の生活に戻れることを、願ってやみません。

参照元:CBC News、The Dodo、Facebook/Fort McMurray Evacuee Open Source Help Page、Instagram/its_none_of_your_fitness、Facebook/The Beat of Montreal
執筆=田端あんじ (c)Pouch

関連ツイートはこちら