写真提供:マイナビニュース

写真拡大

グレープシティは5月18日、Visual Studioでの業務アプリケーション開発を支援するコンポーネントを数多く収録したスイート製品「ComponentOne Studio(コンポーネントワン・スタジオ)」の新バージョン「2016J v1」を発売した。

ComponentOne Studioは定額制のサブスクリプション方式で販売しており、初回費用は「ComponentOne Studio Enterprise」の1ユーザーライセンスで16万2000円、1年単位の更新費用は初回費用の40%である6万4800円となっている(いずれも税別)。

新バージョン「2016J v1」では、ユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)開発用エディション「ComponentOne Studio for UWP」を新たに追加した。さらに、ASP.NET MVC開発用エディション「ComponentOne Studio for ASP.NET MVC」には、ExcelライクなWebスプレッドシート「FlexSheet for ASP.NET MVC(フレックスシート)」を追加しており、複数ユーザーがブラウザ上でシートを同時編集できるWebアプリケーション開発が可能となる。このほかにも、各エディションに多彩な新機能を追加している。

ComponentOne Studioは「あらゆる開発にこれ1つ」をモットーに、すべてのエディションでチャート、グリッド、帳票、スケジューラーといった業務アプリケーション開発に必要なコントロールを収録。今回新たに追加となった「ComponentOne Studio for UWP」も同様に、50以上の多彩なコントロールを揃えており、これ1つでデスクトップからタブレット、ウェアラブルデバイスまで、すべてのWindows 10デバイス上で動作する業務アプリケーションの開発が可能だとしている。

(山本明日美)