19日、昨年から建物の建て替え工事が行われているソウルの在韓日本大使館の工事現場で、一度掘られた地下空間に土を埋め戻す作業が行われていることが確認された。写真は建て替えが行われる前の日本大使館と慰安婦像。

写真拡大

2016年5月19日、韓国・聯合ニューステレビによると、ソウルの在韓日本大使館は昨年から建て替え工事が行われているが、このほど、一度掘られた地下空間に土を埋め戻す作業が行われていることが確認された。

【その他の写真】

在韓日本大使館をめぐっては、20年までに新たな建物を完成させるべく昨年から工事が進められている。しかし今回、どういうわけか現場を「元に戻す」ような作業が行われた。これについて韓国の一部の外交専門家からは、大使館前に設置されている慰安婦像が原因ではないかとの見方が出ている。周辺で頻繁に集会が行われるなど外交公館の安全が脅かされると日本側が懸念し、慰安婦像の移転を求めたものの、韓国側がこれに応じないため、日本が工事を中断し「大使館の移転」という新たな解決策を検討しているのではないかというのだ。

日本大使館はこうした見方を否定し「工事は予定通り進んでいる」と強調したが、専門家からは「基盤工事もしないまま土で覆う作業は、工事の中断とみる以外にない」との指摘が出ている。

これについて、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せた。

「もう大使館自体撤収して出て行ってくれ」
「少女像(慰安婦像)を埋めて隠したんじゃないか?」
「土を掘ったら歴史的価値のある遺跡とか貴重な文化財が出てきたのかも。急いで調べた方がいい」

「いったん土で覆って、埋まっていた遺跡をどう持ち出そうか考えているんだろう。日本民族は韓国からの略奪を日常としてるからね」
「日帝時代に犠牲になった護国英霊の遺体が見つかったのかもしれない。安重根(アン・ジュングン)義士の遺体だってどこに捨てられたかいまだに分からないくらいだ」
「日帝の蛮行の証拠が詰まった現場が出てきたんじゃ…」

「大使館を別の場所に移すなら、またその前に少女像を設置すればいいよ」
「日本大使館は対馬に移動したら?」
「青い屋根の家(青瓦台・韓国大統領府)が大使館みたいなものだから、新しく建てる必要もないんだろう」(翻訳・編集/吉金)