写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ぷらっとホームは5月19日、自治体や物流、工場、小売、医療機関、空港など様々な業種で導入可能なIoTソリューションパッケージ「OpenBlue IoT Package」を発表した。価格は、1500万円(税別)〜。

このパッケージはIBMのIoT向けクラウドサービス「IBM Watson Internet of Things (IoT) Platform」を利用したもので、「屋外位置測位ソリューションパッケージ」(屋外向け位置測位)と「屋内位置測位ソリューションパッケージ」(屋内向け位置測位)の2つを用意している。

屋外位置測位ソリューションパッケージは、主に自治体向けのソリューションパッケージ。ビーコン(発信機)を取り付けた高齢者や子どもが現在どこにいるのかをリアルタイムにモニタリングする事が可能で、高齢者や子どもなどの見守り用途に最適だという。

屋内位置測位ソリューションパッケージは、物流、工場、小売、医療機関、空港などの業種で利用可能なソリューションパッケージで、屋内の人やモノの位置測位が可能で導線分析をする事により、人員配置や設備のレイアウトの最適化や、業務効率改善等への応用が可能。

導入に必要なコンポーネント(ビーコンデバイスやクラウドサービス、アプリケーション等)がパッケージ化されており、導入後もIBM Watson Internet of Things (IoT) Platformの提供する各種コグニティブ・サービスやアナリティクス・サービス等の様々なサービスを付加することも可能だという。

(丸山篤)