写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日立ソリューションズは、企業の電子帳簿保存法への対応を支援する電子帳票システム「活文 Report Manager」の最新版を6月17日から販売開始すると発表した。価格は、160万円〜(税別)。

最新版では、電子帳簿保存法に対応するために各業務システムで個々に保管が必要となる帳簿データを「活文 Report Manager」で一元管理し、長期保管できるようにする。また、「活文 Report Manager」では、保管された帳簿データを各種帳票と紐づけて管理できるようにすることで、監査など必要な時に帳票を指定してデータを検索し、対象となる帳票を出力することが可能となる。

そのほか、「活文 Report Manager」とNECの統合印刷管理ソフトウェア「WebSAM PrintCenter V」との連携により、帳票の印刷と保管のシームレスな連携を実現する。具体的には、各業務システムのデータを、「WebSAM PrintCenter V」を経由して「活文 Report Manager」に取り込むことで、帳票の印刷と保管をシームレスに連携する。これにより、業務システムごとに行っていた印刷状況や履歴などの管理を効率的に行えるとともに、業務システム内のさまざまなデータの保管が可能となるという。

(丸山篤)