18日、韓国のアイドルグループMiss Aのメンバーで歌手・女優として活躍するスジが、韓国のいわゆる慰安婦バッジを胸に着けイベントに登場したと韓国メディアが報じ、ネットユーザーの称賛を集めている。写真はスジ。

写真拡大

2016年5月18日、韓国のアイドルグループMiss Aのメンバーで歌手・女優として活躍するスジが、韓国のいわゆる慰安婦バッジを胸に着けイベントに登場したと韓国メディア・テレビリポートなどが報じ、話題を集めている。

韓国の掲示板サイトなどにネットユーザーらが投稿した内容によると、スジは15日午後、胸に小さな慰安婦バッジを着け、ソウル市内で行われたファッションブランドのファンサイン会に出席した。このバッジは、在韓日本大使館前に設置されている「平和の少女像」をモデルに作られ、今年2月から販売、収益は元慰安婦を支援する「正義と記憶財団」の基金として使われている。スジが着けていたのは、数種あるうち「少女とチョウ」のデザインだった。

スジは10年にMiss Aのメンバーとしてデビュー後、数々のソロ曲を発表したほか女優としてドラマにも出演。12年の映画「建築学概論」への出演をきっかけに、韓国で「国民の初恋」と呼ばれ人気を確立した。そんなスターがこうして元慰安婦への思いやりを示したことについて、韓国のネットユーザーから称賛の声が相次いでいる。

「スジを嫌いになれるわけがない。顔もきれいな上に心もきれいだ」
「僕らは今、生きた天使を見ている」
「スジちゃん、君のおかげで僕もバッジを注文したよ。ありがとう」
「なんと、性格に歌、演技、そして外見…さすがスジだ。好きにならずにいられないよ」

「もともとファンではなかったけど、これはファンにならなきゃ!」
「ソルヒョン(女性アイドルグループAOAのメンバー。番組で歴史の知識のなさが露呈し批判を浴びている)はスジを見習って」
「いやあ、誰かさんと比較しちゃうね」

「芸能界で長く生き残ろうとするなら、こういう行動をしなきゃ」
「スジが事務所の先輩として、TWICEのメンバーや日本人に慰安婦や日韓の歴史問題についてちゃんと教えてくれることを期待する」
「こんな常識あふれた芸能人は他にいない。韓国広報大使、選挙の広報大使、それからいろいろなCMも、みんなスジにやってもらえるようにしよう」(翻訳・編集/吉金)