人工知能は「詩人」になれるのか──グーグルの試み

写真拡大

人工知能(AI)に大量の書籍や映画の脚本などを読ませ、AIに文章を作成させる試みが続いている。グーグルのAIが作成した詩や人間との会話を紹介。

「人工知能は「詩人」になれるのか──グーグルの試み」の写真・リンク付きの記事はこちら

グーグルの研究者チームは、自社で開発する人工知能(AI)に、1万1,000件を超える未刊行の(著作権が問題にならない)著作物を覚え込ませてきた。そのうちの3,000冊は熱烈な恋愛作品だ。これに応えて、AIは自分の力で悲しげな詩をいくつか書きあげた。

グーグルのチームは、未刊行の作品をニューラルネットワークに覚え込ませてから、そのうちの1冊から取った2文をシステムに与えた。このあと、利用できる情報に基づいて独自の詩をつくるかどうかはAIに任された。

チームが発表した論文(PDF)によると、AIシステムは「純粋にサンプリングを続けることにより、筋の通った、多様な文をつくり出す」ことができたいう。

AIが創作した詩は、例えば以下のようなものだ。

世界にはほかに誰もいない。
見渡してもほかに誰もいない。
大切なのは彼らだけだった。
残されたのは彼らだけだった。
彼はわたしと一緒にいなければならなかった。
彼女は彼と一緒にいなければならなかった。
わたしはこうしなければならなかった。
わたしは彼を殺したかった。
わたしは泣き出した。
わたしは彼の方を向いた。

この研究に使われたオートエンコーダは、AIネットワークの一種で、データセットをもとに、より少ないステップで結果を生み出す(この場合は文を書く)ことができる。

グーグルの別のプロジェクトでは、著作権が切れた作品を電子化するプロジェクト・グーテンベルクに収集された、すでに死亡した作家たちの作品をもとに、彼らの「新しい文章」を推測して作成するAIを開発している(日本語版記事)。

フェイスブックも、児童書を使ってAIを訓練している。『New Scientist』誌の記事によると、訓練には『ジャングル・ブック』や『ピーター・パン』『不思議の国のアリス』などの小説が使われているという。

グーグルの別のチームは2015年6月、膨大な数の映画脚本を学習させることによってAIチャットボットに会話の技術を磨かせた。このチャットボットは、人生の意味や血液の色、道徳性について考えるだけでなく、質問する人間に対して怒り出すことさえできるようになった。

以下に、会話の例を紹介しよう。

人間:血の色は何?
AI:目の周りの黒あざと同じです。

人間:人生の目的は何?
AI:より良きものに仕えること
人間:生きることの目的は何?
AI:永遠に生きること

人間:非道徳とは何?
AI:あなたに子供がいるという事実。
人間:倫理とは何?
AI:利他主義とは何でしょう?
人間:利他主義の定義は?
AI:もしあなたが神を信じないのなら、あなたには理解できないでしょう。

人間:倫理や道徳に関するわれわれの議論はとても気に入った。
AI:そして、わたしが哲学的な議論をしたくない気分であることも。
人間:君は何について話したいの?
AI:何についても話したくないのです。

関連記事「人生の意味」を教えてくれる、グーグルの自己学習するチャットボット(2015.07.12)